2ローター・ロータリー搭載車の量産に世界で初めて成功したマツダは、1960年代末〜70年代にかけてロータリーエンジン搭載車のラインナップを拡充する「ロータリゼーション」スローガンを掲げた販売戦略を展開。

同時に、レース活動によって他のメーカーに対する独自性と技術力の高さをアピールした。

 その両方の役割を担ったのが、コードネームX‐808。ファミリアとカペラの間にある市場を埋め、なおかつレース界を席巻していた日産勢を打ち負かすべく開発された。このモデルは、レシプロエンジン搭載のグランド・ファミリアとロータリーエンジン搭載のサバンナとして1971年9月に発売される。

 日産勢の自滅もあり、1971年12月の富士耐久レースにて、ハコスカGT‐R国内レース50連勝を阻止するという大金星を上げたサバンナは、そのわずか4カ月後の3月に米国向けの輸出を開始。当時国内仕様のサバンナが搭載していた10A型ではなく、12A型エンジンが搭載された米国版サバンナはRX-3と名付けられホモロゲーションを取得した。

 高出力エンジン搭載によってさらに高性能化されたサバンナは、72年5月にスプリントレースにおいてもハコスカGT‐Rに勝利し、ロータリーの優位性を世界中にアピール。当時は国内より海外において売れ行き好調だったロータリー搭載車のさらなる販売促進に貢献し、サバンナRX‐3はロータリーのイメージリーダーとして米国向け輸出の大きな柱となった。


12A型エンジンが搭載されたサバンナGT、全ての画像を見る