松尾良彦氏の訃報に際し、心から哀悼の意を表します。


日産自動車第1造形課・第4デザインスタジオのチーフとして、1969年に誕生した初代フェアレディZのデザインを手掛けた松尾良彦氏が、2020年7月11日の夕方、肺炎のため逝去されました。享年87歳でした。


2019年ノスタルジック2デイズ「Z生誕50周年記念トークショー」に登壇し、開発秘話を披露した松尾さん。




 全世界で55万台もの販売を記録し、今なお世界中のファンから愛される「フェアレディZ」。1969年に誕生した初代フェアレディZ(S30)は、オープンボディのフェアレディ(SP/SR311系)から一転、ロングノーズ、ショートデッキのファストバックスタイルのスポーツカーとして世に送り出されました。当時の日産自動車第1造形課・第4デザインスタジオチーフとして、そのフェアレディZのデザインをまとめ上げたのが松尾さんでした。


日産自動車第1造形課・第4デザインスタジオに勤務をしていた当時の松尾さん。壁にはクーペタイプやオープンボディのZのほか、スポーツワゴンのスケッチも描かれている。


 日産自動車を退職後は、デザイン事務所を設立され、カーデザインやプロダクトデザインにかかわり、評論家としても活躍されました。

 近年では、全米規模で開催されるZCON(ZCCA International Z Car Convention)や「フェアレディZミーティング」など、たくさんのイベントに参加。ファンからの記念撮影やサインに、いつでも笑顔で対応する姿が印象的でした。




 2014年には、アメリカのZエンスージアストが挑んだS30Zスポーツワゴン プロジェクトの監修を行っています。
S30Zのデザインに従事していた当時、オープンボディやタルガトップ、スポーツワゴンなど、多くの派生モデルを誕生させ「Zファミリー」を形成することを夢見ていた松尾さん。その夢の1つが具現化した瞬間でした。





 このプロジェクトの監修にあたり、松尾さんはロサンゼルスの工房を度々訪れては、スケッチを描いたり、製作者へのアドバイスを行っていました。実車が完成し、サンディエゴで開催されるZCONでアンヴェールされると聞き、編集部も急遽渡米。澄み切ったカリフォルニアの青空のもと「幻」のS30Zスポーツワゴンがお披露目された瞬間の松尾さんの晴れやかな笑顔を、昨日ことのように思い出します。その笑顔は、ノートにクルマの絵を描いてきらきらと目を輝かせていた少年のころとなんら変わらないものだったに違いありません。



完成した「幻」のS30Zワゴンを前に充実した笑顔の松尾さん(中央)。右は、松尾さんが描いたスケッチを元にS30Zスポーツワゴン プロジェクトを完遂させたロサンゼルスのエンスージアスト、「JDMカーパーツ」代表の安宅二弥さん。左は、同プロジェクトをサポートした、ダットサンフリーウェイ代表の畑中雅博さん。


 昨年2月の「ノスタルジック2デイズ2019」では、Z32のデザインを手掛けた山下敏男さんとともにトークショーの舞台にたち、S30Zに関する逸話を披露、併せて自身のスポーツカーに寄せる思いも語っていただきました。


2019年、Z32のデザイナー、山下敏男さん(右)とともに登壇し、Zの魅力を語った松尾さん。

 イベントにも気軽に参加し、多くのファンと気さくに交流を図る人柄から、国内外問わず多くのファンから慕われてきた松尾さんは、1933年7月10日に生まれ、(一部のメディアで1934年との表記がありますが正確には1933年です)2020年7月11日、87歳の誕生日を迎えた翌日、その生涯を終えられました。


謹んで松尾良彦氏のご冥福をお祈りします。