マツダが世界に誇るロータリーエンジン(RE)。

1967年5月に発売されたコスモスポーツは、2ローターのRE搭載車としては世界初の量産車となった。車名から連想されるであろう、まるで宇宙船のような独特のフォルムを持つコスモスポーツは、RE専用車として設計、開発され、強烈な存在感を放っていた。148万円という車両価格は当時の庶民では手の届かないもので、REは特別なもの、レシプロエンジンとは違う別格のものという印象が広がり始めた。

 マツダは当然それを予想。REを量産して世界に普及させるためには、小型車クラスに搭載して、比較的安価で販売することが必須であると考え、同年10月に開催された第14回東京モーターショーで、マツダRX85というプロトタイプカーを展示した。それが後のファミリア・ロータリークーペで、68年7月に発売された。車両価格はコスモスポーツの半分以下の70万円で、ある意味マツダがRE車普及の勝負をかけて、世に送り出した1台だった。

 ファミリア・ロータリークーペのエンジンは、コスモスポーツと同じ10A型だったが、低速での扱いやすさを考慮して最高出力を10ps抑えて100psとし、最大トルクも若干向上させた。翌年1969年7月には4ドアセダンのファミリア・ロータリーSSを発売。外観は一見地味なセダンながら、格上のスポーツモデルを追い回すほどの高性能を持ち、居住性、使い勝手のいいファミリーカーとして受け入れられた。

センターに配されるタコメーターなど、全ての画像を見る