【1978年式 日産 フェアレディZ-L Vol.1】

最新ボディメイクとチューニングにより圧倒的な存在感を放つZが誕生!

 美しい輝きを放つブルーパールのボディにはリアルカーボンがあしらわれ、エンジンルームに収められたフルチューンのL28型改3.2L仕様のエンジンも、まばゆいばかりのメッキの輝きに目を奪われる。足回りやインテリア、そしてボディ裏面にいたるまで、徹底的にコダワリ抜いたチューニングが施されている。ティーバレーが手がけた「ブルーパール・カーボンZ」は、新しいS30Zのスタイルを提案する1台となる!

 2014年の2月22日・23日にパシフィコ横浜で開催された「第6回ノスタルジック2デイズ」の会場に、何の前触れもなく登場し、脚光を浴びたのが、この「ブルーパール・カーボンZ」だ。美しいボディのペイントはもとより、いたるところに使われたカーボンも絶妙。足元には17インチのホイールが装着されており、トータルの完成度の高さは、会場内に展示されていたチューンド旧車の中でも、トップクラスということは誰の目にも明らかだった。

 この「ブルーパール・カーボンZ」を手がけたのは、大阪の西成にある「ティバーレー」というハコスカとS30Zの専門店。フルノーマルの極上車を取り扱う一方で、ボディのフルレストアからエンジンのフルチューンまで行うという、今注目のショップだ。

オーバーホールした432用1万rpmタコメーターと240km/hスケールのスピードメーターなど【写真8枚】

Vol.2、Vol.3へ続く

1978年式 日産 フェアレディZ-L(S31)主要諸元
●エクステリア:ブルーパール塗装(外装)、黒メタリック(エンジンルーム)、半ツヤグレー(下回り)、リアルカーボン加工F/Rバンパー/メッキモール/クオーターサッシ/ガラスサッシ/アウターハンドル/オーバーフェンダー、ドライカーボンボンネット
●エンジン:L28型改3.2L仕様/φ89mm鍛造レーシングピストン/I断面コンロッド(ナロータイプ)/86mmストロークフルカウンタークランク、N42ヘッドアルゴン溶接燃焼室加工/バルブガイド&シートリング入れ替え/ポート研磨/カムセンターレース用シートカット/ヘッド面研2mm/長距離レース用シートリング(φ46/38mm)/クロモリリテーナー&ロッカーガイド/ビッグバルブ/燃焼室鏡面仕上げ/1万rpm対応バルブスプリング/レース用バルブガイドセット&ロッカーアーム/東名80度カム/ツインアイドラキア、ARP製強化ボルト(ヘッドスタッド、カムセンター、プーリー、コンロッド)、N42初期型ブロック/ボーリング、メタル類WPCモリブデン加工/大容量オイルポンプ/メタルガスケット、亀有製アルミオイルパン/強化ストレーナー/エンジンブラケット/エンジンマウント
●吸排気系:ソレックス50PHH、チタンファンネル、亀有ヒートプレート、オリジナル等長手曲げタコ足(6-1)/ステンレスφ100mmストレートマフラー
●点火系:マロリー製デスビ、MSD
●冷却系:アルミラジエーター、アルミファンシュラウド、アルミオイルクーラー
●駆動系:カーボンツインプレートクラッチ、71C改亀有スーパークロスミッション、強化ミッションマウント、71C強化ミッションメンバー、R200 LSD+アルフィンカバー、等速ドライブシャフト、エスコート製強化アクスルシャフト/ビレットデフメンバー
●足回り:ビルズ製車高調(ショートストローク)、ピロ式フロントロワアーム&リアコントロールアーム
●ブレーキ:F:ブレンボキャリパー&φ320mmスリット入りローター R:S14キャリパー&φ300mmスリット入りビックローター
●タイヤ:ヨコハマ アドバンネオバ F:215/40R17R R:235/40R17
●ホイール:レイズ ボルクレーシングTE37V F:17×9J R:17×10J
●内装:レカロ製シート(左右)、ダッシュボード張り替え、日本精機Defi製(油圧、油温、水温)、PLX、432用1万rpmタコメーター