【1970年式 マツダ カペラ ロータリー スーパーDX Vol.2】

 東洋工業の創立50周年に、トヨタと日産が激しく争う小型乗用車市場に、満を持して投入されたロータリーエンジン搭載車であるカペラロータリー。1967年に世界初の2ローターロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツを発売以来、「ロータリゼーション」のかけ声とともにロータリーラインナップを増やしていったマツダ。ファミリア、ルーチェと短い期間にロータリーエンジン搭載車を発表したあと、1970年5月に発売されたカペラ。エンジンは、カペラ用に新規開発した12A型2ローターロータリー。基本構造は10A型と同様だが、幅を10mm増したローターハウジングによって排気量が単室で573ccに。高性能化したエンジンは最大出力120ps/6500rpm、最大トルク16.0kg‐m/3500rpmとなり、当時の2Lクラスレベルの動力性能を発揮した。


カペラエンブレムがあしらわれた専用シートなど【写真5枚】





1970年式 マツダ カペラ ロータリー スーパーDX(S122A)
SPECIFICATIONS 主要諸元
全長 4210mm
全幅 1580mm
全高 1420mm
ホイールベース 2470mm
トレッド前/後 1285/1280mm
最低地上高 160mm
室内長 1745mm
室内幅 1320mm
室内高 1150mm
車両重量 965kg
乗車定員 5名
最高速度 185km/h
登坂能力 35°22
最小回転半径 4.7m
エンジン型式 12A型
エンジン種類 2ローターロータリー
総排気量 573×2cc
圧縮比 9.4:1
最高出力 120ps/6500rpm
最大トルク 16.0kg-m/3500rpm
燃料タンク容量 65L
ステアリング形式 ボールナット式
サスペンション前/後 ストラット式コイルばね/4リンク式コイルばね
ブレーキ前/後 ディスク/リーディング&トレーリング
タイヤ前後とも 6.15S13-4PR
発売当時価格 78.7万円