【1967年式 ブルーバード 1300 4ドアセダン デラックス  Vol.3】

【2】から続く

 プロジェクトがスタートしたのは、2010年頃。仕事の合間に作業が進められたが、同じL型4気筒エンジンを搭載するとはいえ、ノーマルはターンフローのSOHC。かたやLZ14型はDOHCヘッドのため、エンジンを搭載するだけでもひと苦労。しかも、ドライサンプ方式のため、オイルタンクやキャッチタンクもワンオフ製作。また、当時の点火システムはさすがに劣化しているため、同時点火に変更するなど、搭載してから始動するまで、2年以上の月日が必要だった。

 ようやくエンジンがかかり、いざ510ブルーバードを走らせようとしたところ、さらに困った問題が発覚。ステアリング系統のリレーロッドがオイルパンに干渉するというトラブルだ。搭載したLZ14型は、もともとフォーミュラ用だったらしく、オイルパンにロッドが干渉していたのだ。解決策としては、510ブルーバードに合わせてオイルパンを加工するか、ワンオフで製作するしかない。オイルパンの製作は、タコ足やエンジンマウントの加工などを行った「吉良自動車」に依頼。約3カ月かかって、アルミ製のワンオフオイルパンが完成した。

 その後も、あれこれと仕様変更が施されているが、代表的なところでは、L型4気筒エンジン用のローバック5速ミッションへの変更、新品のハヤシレーシングホイールの装着などだ。

 エンジンを始動すると、「さすがレーシングエンジン」といえるレスポンスの良さ。軽くアクセルをブリッピングしただけで、吹け上がりの鋭さは感動モノ。そんなハイパワー&ハイレスポンスなワークス製レーシングエンジンを搭載し、道を走るという憧れの仕様に仕上がった510ブルーバード。甲高いエキゾーストノートを響かせてドライブする快感は、ほかのクルマでは絶対に味わえないものがある。


基本的には純正のままのダッシュボードやメーター回り。ベンチレーター位置に埋め込んであるRSC(HRCの前身)製の貴重な機械式タコメーターなど【写真25枚】




1967年式 ブルーバード 1300 4ドアセダン デラックス(510)
SPECIFICATIONS 諸元
■エクステリア:未レストアボディ(フルノーマル)
■エンジン:LZ14型改、ドライサンプ仕様、特注アルミオイルパン、ワンオフアルミ製オイルタンク(7L)、オイルキャッチタンク、特注ステンレスタコ足、φ50mmマフラー、ウエーバー48DCOES/P(φ50mm加工)
■点火系:デスビレス同時点火&MSDx2、レーシングプラグ(9番)
■燃料系:ミツバ製燃料ポンプ
■冷却系:ワンオフサイドタンク式アルミラジエーター、電動ファン、オイルクーラー
■駆動系:DR30用ツインプレートクラッチ、L型用ローバック5速ミッション、R180デフ+4ピニLSD
■サスペンション:(F)車高調+ピローアッパーマウント (R)レース用強化サス
■ブレーキ:(F)MK63キャリパー (R)アルフィンドラム
■インテリア:特注オートルックローバックバケットシート、RSC製機械式タコメーター、アモン旧車倶楽部オリジナルステアリング
■タイヤ:ヨコハマ アドバンネオバ 175/60R14
■ホイール:ハヤシレーシング14x7J


【1】【2】から続く