【1974年式 フェアレディ Z-L  Vol.3】

【2】から続く

 「本物のツインカム」というOS技研がTC24‐B1の宣伝に使っていたフレーズが成人してからも頭から離れず、元祖TC24‐B1を探しはじめたトミタクさん。10年以上が経過した2003年のある日、ようやくホンモノのTC24‐B1と巡りあえたが、そのエンジンは不動だった。そしてワンオーナーのS30Zを手に入れ、並行してレストアを施すことに。

 ただし、ボディは「TC24‐B1にふさわしい、しっかりとした車体に載せたい」と考え、板金&フルレストアはプロに依頼することに。いったんフルストリップの状態にして、ボディパネルやフロアの修復、フレームの再構築、フレーム修正機を用いた修復などを実施。スポット溶接やガセット補強などを駆使して、ハイパワーを受け止める高剛性ボディを作り上げた。

 こうして経緯を経て、元祖TC24‐B1を搭載したS30Zがついに始動。

「ここまでは、あくまでもオリジナル+αの状態に戻したにすぎない」。ここから10年を費やし、じっくりとトミタク流の改良を加えていく。

 6気筒4バルブの元祖TC24‐B1の美点は、何といっても高回転域での痛快なフィールとパンチにある。燃焼効率が良く、トルクの厚みもたっぷりとあり、ストリートでも扱いやすい。そのほか、クロスフロー化による吸排気効率の改善やセンタープラグ化など、そのメリットは枚挙にいとまがない。

 一方でトミタクさんは、動弁系の脆弱性を改善。ロッカーアームを研磨するための治具を作り、タングステンカーバイトという合金を溶射した上で、高精度のロッカーアームを作り出した。それによって信頼性が格段に向上。ロングドライブも可能になり、エンジンの静粛性も飛躍的に高まっている。


各部に補強が入れられているが、見た目はノーマル風というスタイル。「ペイント&ボディワークス寺元」に依頼したボディメイクなど【写真23枚】


1974年式 フェアレディ Z-L(S30)
SPECIFICATIONS 諸元
■エクステリア:サファリブラウン(ボディカラー)、ワークス寺元フルレストア、リスタード製カーボンボンネット、フロントスポイラー(当時モノ)、フロントクリアウインカー、デリカ用バックランプ流用サイドマーカー
■エンジン:L28型改3Lトミタク・フルチューン仕様、OS技研製TC24-B1(81年式)、ボアφ89mm×ストローク79mm(圧縮比13.2)、OS技研製カム(320度、10.5mmリフト)、バルブサイズ(INφ35.5mm、EXφ30.8mm:TC24-B1専用設計)、ホンダN360用バルブスプリング、コッター、リテーナー(当時のOS技研純正)、OS技研製鍛造φ89mmピストン、SAENZ製H断面コンロッド(LY28型用クランクに合わせて加工)、LY28型用オプションクランク(8穴)、ニスモ製コンロッド(幅を詰める加工)、オイルパン加工(ハコスカ用→S30Z)、ウエーバー50DCO1/SP、長瀬発動機製φ50.8mm等長タコ足、φ60.5mmフルデュアルマフラー
■点火系:マロリー製デスビ改、MSD 6AL、永井電子製プラグコード(短縮加工)
■燃料系:BMW E30 M3用燃料ポンプ、亀有製レギュレーター、トミタク製燃料デリバリーパイプ
■冷却系:910ブルーバード用ラジエーター
■駆動系:OS技研製オフセットフライホイール(内容物を9mmエンジン側に寄せた)、カーボンツインクラッチ、S14用OS技研製5速フルクロス(71Bのケースに組み込み)、スーパーロックLSD(トミタク仕様)
■サスペンション:純正オプション車高調、アメリカ製強化ブッシュ
■ブレーキ:(F)純正オプションMK63+S13シルビア用ベンチローター
■インテリア:Defiφ115mmタコメーター&φ60mm追加メーター(油圧、油温、水温)、ラムコ製φ50mm燃料計、オートルック製バケットシート(当時モノ)、ダッツンコンペステアリング、クスコ製ロールバー
■タイヤ:アドバン ネオバAD07 (F)195/50R15 (R)205/50R15
■ホイール:RSワタナベ (F)15×7.5J (R)15×8J



【4】に続く