【1975年式 日産 スカイラインHT 2000 GT  Vol.2】

【1】から続く

 所有歴は25年、走行距離は40万km以上というケンメリ。

「はじめはキャブ交換をしたのですが、セッティングのことなんて分からないので、エンジンは吹けなくなるは、燃費が落ちるはで散々でしたね。そうするうちにL20型改2.4L仕様のエンジンを譲ってもらえる話があり。自宅の軒先で乗せ替えました」と振り返る。

 このように失敗を恐れずになんでも挑戦してみるのがオーナー流。その後も、高速道路で回しすぎてブローさせたり、もともと調子が怪しかった中古エンジンを積み込んだりして、25年のうちにエンジンは計6回、ミッションは計4回も載せ替えている。

「壊れたからついでに何かを付けようかとか、次々に何かやりたいことが出てくるので、まったく飽きることはありませんね」と、トラブルさえもいとわずに楽しんできたオーナー。今では、キャブセッティングもお手のものだ。


7基目となる現在はL28型改3L仕様となるエンジンや、4本目となるタコ足など【写真17枚】


1975年式 日産 スカイラインHT 2000 GT(KGC110)
SPECIFICATIONS 諸元
■ エクステリア:フルGT-R仕様
(オーバーフェンダー、リアスポイラー、白ガラス、前後エンブレム、グリル)
■ エンジン:L28型改3L仕様、ソレックス44PHH、φ89mmピストン、亀有製強化スプリング、まつおか製74度加工カム、ワコー製シルバーコイル、亀有製ツインアイドラギア、永井電子機器製ウルトラ特注プラグコード、パーツアシスト製等長タコ足、プロテック製特注マフラー、ニスモ製強化オイルポンプ
■ 冷却系:純正流用3層ラジエーター、自作ヒートプレート
■ 駆動系:OS技研製ツインプレートクラッチ、軽量フライホイール、DR30用ミッション、R200 LSD
■ 足回り:(F)ハコスカレース用改車高調、8kg-mmスプリング、AE101用TRD製レース用ダンパー、クスコ製ピローアッパーマウント (R)ビルズ製20段調整式ダンパー、プロテック製20kg-mmスプリング、GT-R用リアロワーアーム
■ ブレーキ:(F)流用キャリパー、φ300mmローター (R)純正GT-R用改
■ 内装:GT-R純正仕様、ダッツンコンペステアリング&レース用バケットシート
■ タイヤ:TOYOプロクセスT1R(F)205/50R15 (R)225/50R15
■ ホイール:パナスポーツG7 (F)15×8.5J -20 (R)15×10J -40


【3】【4】に続く