【1971年式 トヨタ ランドクルーザー  Vol.2】

【1】から続く

●ランドクルーザーの系譜  トヨタ・ランドクルーザーのルーツをたどると、その型式名FJの「J」の起源にもなったアメリカ製の「JEEP(ジープ)」という、第二次世界大戦時の4輪駆動車に行き着く。戦地では「機動性」は勝敗を決定する重要な要素であり、それは古くは馬、近代ならばクルマだ。必然的に走破性が要求される。

 敵対していたドイツが戦地に投入したキューベルワーゲン(リアエンジン後輪駆動、1940年ごろ)と呼ばれた軍事車両を見たアメリカは、それに勝る車両の開発を自国メーカー各社に要請。与えられたわずか数カ月の開発期間を経て、出そろった試作車の中から採用されたのが、小型車メーカーだったバンタム社のフロントエンジン4輪駆動車、バンタム・ジープだった。その車両の大量生産を請け負ったのはウィリス社とフォード社。その際、キューベルワーゲン同様にフェンダー上に独立して配置されていたヘッドライトを、フォード社提案のボンネット内配置のライトに変更し、今日まで続くジープのフロントマスクの意匠ができあがった。

 戦地に次々と出現したアメリカ製ジープを日本は1台接収し、それを手本とした車両製作の命をトヨタが受けた。戦時下トヨタはジープ型自動車を造りあげたものの間もなく終戦となり、それは戦地で活躍することはなかった。

 戦後対策で混乱した日本国内で、1950年は「毎月数百台程度の生産しか達成できなかった。トヨタにとって、どん底の時代である」(トヨタウェブサイト・名車ギャラリー「ランドクルーザーの哲学」より)。ところがこの年の6月に朝鮮戦争が勃発。すぐに参戦したアメリカの統制下にあった日本は、物資供給基地の役目を担った。アメリカは朝鮮半島にジープを投入するため、ノックダウン生産を三菱に依頼。こうしてくしくも他所の戦争がきっかけとなって、日本製(三菱製)ジープが誕生した。

 同時に、日本国内用途の車両が必要になり始めると、日産と三菱がそれぞれ生産したジープ型自動車に対抗して、トヨタはBJ型ジープを製造。これがいわゆる「初代ランクル」だ。この段階ではトヨタのみがフェンダーライトを採用していた。命名は、当時4輪駆動車の代名詞といえた「ジープ」の名称をそのまま取ったものだった。

ジンさんの生まれ育ったサリナスの町からは山を1つ越えた山中にあるホリスターヒルズSVRAのようすなど【写真13枚】

【3】【4】に続く