【マツダ R360クーペ トルクドライブ Vol.2】

【1】から続く

 このR360クーペの発表時の価格は、なんと30万円。新聞広告には、「大量生産によるわが国で一番安い乗用車」と大々的にうたっていた。もちろん、他にも「ソフトなシート、明るいキャビン」、「スマートなヨーロピアンスタイル」、「すばらしい機動性と安定性」、「丈夫なユニットボディ」など、数々の特徴が紹介されていた。


 今回紹介するR360クーペは、その中でも貴重なトルクコンバーターの2速AT搭載車で、身体障害者用に発売された1台。現在は取り外してあるが、シフトレバーの隣に、手動ブレーキのレバーが装着されていたそうだ。

「ボディはフルレストアされていてキレイでしたが、走る方がダメダメでした。エンジン、ミッション、トルクコンバーター部などもフルOHと同時に改良を施して、カタログスペック通り、85km/hで走れるように仕上げています」とオーナー。エンジンはノーマルながら、ドライサンプのオイルポンプを改造し、吐出量をアップ。点火系は無接点式のフルトラに改良することで強化。ミッションは、内部のブッシュ部分をすべてローラーベアリングが入るようにギア類を新たに製作し、シール類もすべて交換するなど、手塩にかけて仕上げている。ここまで快調なR360クーペのトルコン車は、全国を探してもこの1台だけだろう。

OWNERS VOICE/ミッションがロックして、「アチラの世界」が一瞬見えました

「購入して1年ぐらいの時にイベントに出かけました。国道2号バイパスに上がり、70km/hで順調に走行していた時、突然「ガン! 」という音とともに、リアタイヤが左右ともロック! バイパス上でスピンして、左側のポールに当たり、その反動で右側に飛ばされ、その時はアチラの世界が一瞬見えました。原因は、ギアの二重噛みでロックしたようです。そこで、ローラーベアリングが入るギアを設計、製作して復活させました」とオーナー。現在は絶好調だ。





「ドライブに行きたい」と、姉妹にもR360クーペは大好評。
今後はクーラーを装着し、奥さま仕様に進化 !? 

前後と左右に装着されるマツダR360クーペのエンブレムなど【写真29枚】



視界を広く確保できるラップラウンドウインドーを採用。インパネ回りは超シンプルな1メーター。助手席側に装着されているラジオは、純正オプションではなく、他車の流用とのこと。




マツダ R360クーペ トルクドライブ(KRBC)
SPECIFICATION 諸元
全長 2980mm
全幅 1290mm
全高 1290mm
ホイールベース 1760mm
トレッド前/後 1040mm/1100mm
最低地上高 180mm
室内長 1245mm
室内幅 10500mm
室内高 1040mm
車両重量 400kg
乗車定員 4名
最高速度 85km/h
登坂能力 15°44′
最小回転半径 4.0m
燃料消費量(2人乗車の場合) 25km/L
エンジン型式 BC型
エンジン種類 強制空冷4サイクル90度V型2気筒OHV
総排気量 356cc
ボア×ストローク 60×63mm
圧縮比 8.0:1
最高出力 16ps/5300rpm
最大トルク 2.2kg-m/4000rpm
オイル潤滑方式 ドライサンプ
変速機 フロア式2速オートマチック(前進2段、後退1段)
最終減速比 4.375
燃料タンク容量 16L
ステアリング形式 ラック&ピニオン
サスペンション 前後とも独立懸架トーションラバー
ブレーキ 前後ともドラム式
タイヤ 前後とも1.80-10-2P ELP
発売当時価格 32万円


【1】から続く