【1975年式 日産 スカイライン HT 2000 GT & 日産 フェアレディZ Ver.NISMO Vol.1】

美しい旧車造りで知られる「スターロード」の井上正嗣代表と、若き日々を一緒に過ごしたクルマ仲間のオーナーが今回の主役。親友の手でよみがえったケンメリと、それを一生大切にし続けるために探し出したガレージハウス。そこには昔から変わらないクルマへの熱い情熱がある。


【画像21枚】ケンメリとフェアレディZ、そしてカワサキZ750EXが収まるガレージ見取り図など


 クルマ好きにとって憧れのガレージライフ。手塩にかけた愛車を眺めて過ごす至福の時間は、何にも代えがたいものがある。今回、このコーナーで紹介するオーナーも、紆余曲折を経て、ようやくそうした理想の環境を手に入れたひとり。その住宅&ガレージは、東京湾からほど近い住宅地にあった。

 大きな門扉を設けた集合住宅は、外から内部をうかがい知ることができないが、実は厳重なセキュリティーが巡らされた賃貸型のガレージハウス。3棟8戸からなるこのガレージハウスの1戸が、オーナーと愛車の住まいだ。

 クルマ2台が余裕を持って収まるガレージがメインで、2階が居住スペース。愛車と共存した日々が過ごせるため、クルマ好きにとっては理想的な空間だ。ガレージに収まるのは、愛情を持って磨き上げられたケンメリとフェアレディZ・Verニスモ、カワサキZ750EX。その顔ぶれを見てもクルマやバイクにどっぷりと漬かる毎日を送っていることが想像できる。

「ここに入居する前は、マンション住まいでタワー型の駐車場に愛車を止めていました。ちょっと洗車をするだけでもクルマを出し入れしなければならないし、路上での作業は何かと不都合がありました。雨が降ると作業を中断しないといけなかったり、いろいろな苦労がありましたね」と振り返る。


【2】【3】に続く