1970年代を迎えるころ、日本のバイクメーカーの目標は世界ナンバー1の巨大市場、アメリカで評価を得ることだった。
当時、アメリカ=世界の市場を席巻していたのは、イギリス車。イギリス車と言えば、650ccツインモデルが標準だったが、まずホンダが世界初の並列4気筒でアメリカに上陸。
そしてヤマハがとった道は、イギリス車と同じ650ccツインだった。

【1971年 ヤマハ XS1B Vol.2】

【1】から続く


 そしてヤマハは、初の4ストエンジン開発に際して、「イギリス車のトライアンフ・ボンネビルを参考にした」と公言している。もちろん、ヤマハが4ストエンジンに関して、技術やノウハウがまったくなかったわけではない。


【画像8枚】ドラム式の中でも最大の利きを発揮するツーリーディングドラムを採用するブレーキなど


 ヤマハとしては60年代中盤に、トヨタと2000GTのエンジンの共同開発を行った経験があり、プロトタイプレーシングカーのトヨタ7の設計、製造もヤマハが自社工場で担当した実績がある。しかし、4輪と2輪ではエンジン性質や構造も大きく異なるため、直接的な関連性は少なく、開発は困難を極めた。

 最初に完成したエンジンは、目標とする53 psに対し、15 psしか出すことができず、熱対策、耐久性向上のための対策や設計変更の連続。車体面でも、エンジンの振動対策や直進安定性確保のため、テストと対策を繰り返していった。

 そして、仕様変更のたびに作成される「改訂通報」という社内書類は、実に2500枚にもおよんだという。それは、少なくとも2500回の対策、設計変更があったという意味でもある。

 こうして完成したヤマハ初の4ストモデルXS1は70年に登場。今回、取材したモデルは、マイナーチェンジを加えられた「XS1B」だが、すでにホンダCB750が全米を席巻し、カワサキもすぐにZ1を発売したこともあって、4気筒ブームのなか、XSの650ccバーチカルツインに目新しさはなく、期待したほどの成功は得られなかった。

 しかし、流麗、スリム&コンパクトで洗練されたXS1は、他メーカーの4気筒750ccモデルが出揃ったあとも、2気筒750ccモデルで対抗。ヤマハの哲学を貫き、ヤマハの進む道を決定づけた1台ともいえるだろう。



1971年 ヤマハ XS1B
SPECIFICATION 諸元
全長×全幅×全高(mm) 2170×905×1150
ホイールベース(mm) 1410
エンジン型式 空冷4ストローク並列2気筒 SOHC2バルブ
排気量(cc) 653
ボア×ストローク(mm) 75.0×74.0
圧縮比 8.4
最高出力(ps/rpm) 53/7000
最大トルク(kg-m/rpm) 5.5/6000
燃料供給装置 2連キャブレター
クラッチ形式 湿式多板
ミッション 5速
フロントサスペンション テレスコピック
リアサスペンション ツインショック
ブレーキ前/後 ドラム/ドラム
タイヤ前/後 3.50-19/4.00-18
燃料タンク容量(L) 12.5
車両重量(kg) 186
発売当時価格 33万8000円


【1】から続く