旧車を"伴侶"に選んだ女性たちの物語

今回からはじまったこのコーナーは、「旧車に乗っている女性は何を考え、どうしてそのクルマを選んだのか? 」を軸に、深く掘り下げていく。記念すべき1回目に登場する彼女はなぜ旧車を、しかもトラックを選んだのか?  その理由とは? 

【1994年式 日産 サニー トラック 1200 ロングボデー Vol.2】【1】から続く


▶▶▶【画像16枚】DATSUNのエンブレムは、購入時から付いていたそう。オールペイントのように思える商業車らしからぬグレーは、メーカー純正色のボディカラーなど

「だって、古いクルマのほうがカタチがいいでしょ? グリルはグリル、ライトはライトと、それぞれが独立してるのが好きなんです。最近のクルマはどれも一体感がありすぎるように見えて、なんか個性を感じないんですヨ。
 ボディ形状は、絶対トラックと決めてました。だって、カッコいいから(笑)。『ダットラとかもいいな〜』って思ってたんですけど、まわりに相談したら『絶対サニトラのほうが楽しい!』っていわれて選びました」
 と、どうやら面食い(?)らしく、クルマは見た目優先で選んだようだ。旧車を維持していくには、それなりの知識や人とのつながりも必要になってくるもの。そのへんについては。

「親戚に旧車好きなおじさんがいて、いろいろと助けてもらました。シビエのヘッドライトとかベレGミラーは、そのおじさんからいただいたモノだし(笑)。地元に旧車好きな人が集まる秘密基地があるんで、メンテとか部品の取り付けなどを助けてもらってます」

 なるほど。人なつっこいスマイルとほがらかな性格を武器に、旧車の先輩たちからかわいがられているらしい。


 それにしてもパワステはない、マニュアルミッション、長身の彼女が乗るには狭いわと、とてもオシャレな女子が乗るには不釣り合いなカンジだ。

「不便なところが逆にいいんですよ。夏はオーバーヒートが心配だし、遠出もできない(笑)。友達も『クルマは狭いし、うるさい!』って、評判は悪いですけど(笑)、フツーに乗る分には問題ないですから」と、まったくに意に介さない様子だ。



【3】【4】に続く


1994年式 日産 サニー トラック 1200 ロングボデー
SPECIFICATIONS 諸元
● エクステリア:初期型用グリル/フロントバンパー、シビエ・ヘッドライト、ベレットGT-Rミラー、DATSUNエンブレム流用、クリアウインカーレンズ、クリアテールレンズ、ロープフック&リアウインドーガードスムージング、リアフェンダー叩き出し加工
● 排気系:バーテックス・ワンオフステンレスマフラー
● 足回り:(F)ワンオフ車高調、(R)モーターファーム製ショックアブソーバー、3インチ+18mmロワリングブロック
● タイヤ:ピレリ・ドラゴン (F)165/45R15、
 (R)165/45R15
● ホイール: SSR・フォーミュラメッシュ (F)15×6.5J、(R)15×7J
● 内装:モモ・ステアリング、ニスモ・ホーンボタン、サンデーヒーローズ・メッキコラムカバー、ダットサン・バケットシート、ドア内張り&センターコンソール黒塗り、サンヨー・カーナビ