珍しいAT仕様のハコスカは、お父さんからのプレゼント!!
某ディーラーのサービス部門で、整備士として働いているオーナー。
お父さんも整備士で、旧車好き。そのDNAをしっかり受け継いでいる。

【1972年式 日産 スカイライン 2000 GT Vol.2】【1】から続く


▶▶▶【画像22枚】色あせもなく、キレイな状態のホイールは、フロント6J、リア6.5Jの14インチのハヤシレーシングなど


 購入時のフルノーマル状態から今の仕様への変更点としては、外装では純正スチールホイールからハヤシレーシングの14インチへ、併せてフロントの足回りを車高調に変更している。内装では、ダッツンコンペステアリングを装着し、電動パワステを組み込んでいる。また、純正クーラーのコンプレッサーが不調で、他車用の新品を流用し復活。旧車ながら、パワステ&クーラー付きの快適仕様となっている。

  18歳でハコスカを譲り受けたこともあって、現在22歳のオーナーは、ハコスカ歴4年。当然、コンディション維持のために、ハコスカはガレージ保管だ。



エンジンは、L20型のシングルキャブ仕様。青いエアクリーナーケースは、レギュラーガソリン仕様に装着されていた。ボルト&ナット類が再メッキされていることもあって、エンジンルーム内はクリーンだ。




【3】に続く