かつて、日本の子供たちを魅了したスーパーカーブーム。
中でもトップスターとしてフェラーリBBと人気を分けたランボルギーニ・カウンタックLP400。
その実像は、極めてシリアスなスーパースポーツだった。

【1974年式 ランボルギーニ カウンタック LP400 Vol.4】【3】から続く


▶▶▶【画像12枚】時代を物語る部位といえる、前後とも205/70VR14という少々心許ないカンパニョーロ社製軽合金ホイールに組み合わされるタイヤサイズなど

 カウンタックは、まずは1971年のトリノ・ショーにて、プロトタイプ「LP500」として発表される。ところが、市販車としてはあまりにも理想主義的な成り立ちのために、オーバーヒート対策やエンジンの縮小など現実化を図るモディファイが不可欠となり、結局それから約3年の準備期間を経過した1974年頃になって、ようやく生産モデルたる「LP400」のデリバリーが正式開始されるに至る。

 V型12気筒4カムシャフト・エンジンは、LP500では4971ccから440psを標榜。最高速は300km/hに達すると発表されていた。しかし、生産型LP400では車名の「400」が示すとおり、ミウラなどと同じ3929ccにスケールダウン。結果パワーも375psまでドロップしたものの、300km/hの最高速公表値は依然として変わることなく、同じく302km/hを標榜するフェラーリ365GT4/BBと熾烈な世界最速バトルを展開したのは、あまりにも有名だ。

 こうして誕生したカウンタックだが、70年代後半からランボルギーニ社の財政的基盤が不安定となったものの、その命運は予想外に長いものとなった。1978年にはカナダの石油王にしてF1チームオーナー、W・ウルフのために製作されたスペシャル「LP500S」で実験されたボディワークを生かした「LP400S」に進化。さらに排気ガス対策によるパワー低下を補うべく4754ccに拡大した「LP500S(1982年)」。宿敵フェラーリ・テスタロッサに対抗するため、5167ccに拡大するとともに気筒あたり4バルブ化した「5000クワトロヴァルヴォレ(1985年)」。さらに1988年にはランボルギーニ社の創業25周年記念モデルとして、ボディ内外を大幅にモダナイズした「アニバーサリー」に最終進化。1990年をもって生産を終えるまで、ショーデビューから実に19年もの間、生産が継続されることになったのである。

OWNERS VOICE
姉妹誌「ハチマルヒーロー」で希少なAE86レビンコンバーチブルを披露してくれたけんちゃんさん。今回本誌では、オリジナル量産型のLP400を撮影させてくれた。イベントなどに出ることない、オリジナル度の高い個体だ。


【1】【2】【3】から続く