【1972年式 マツダ コスモスポーツ Vol.2】【1】から続く

 1963年秋、東洋工業は第10回全日本自動車ショーにシングルローターと2ローターのロータリーエンジンを参考出品した。同じ時期、恒次社長はL402Aと名付けられたコスモスポーツのプロトタイプに乗って販売店や取引銀行などを回り、その優秀性を説いている。この時点ではチャターマークは解決されておらず、耐久性と信頼性は乏しかった。しかし日本カーボン社とアルミ含浸の高強度のカーボンシールを開発し、難題をクリアしている。


▶▶▶【画像20枚】当時国産ではまだ少なかった15インチタイヤや、前期型が丸形で、写真の後期型は長方形となるウインカーのサイドマーカーなど

 
 1967年5月、流麗なフォルムのコスモスポーツは大都市から発売に移された。搭載されているのは、単室容積491ccの2ローター・ロータリーエンジンだ。言うまでもなく、このA型は世界初の2ローター・ロータリーエンジンである。マツダ独自の2プラグ、サイドポート方式を採用し、4バレルキャブを組み合わせた。最高出力はレシプロエンジンの1.6lクラスを凌ぐ110ps/7000rpm、最大トルクは13.3kg‐m/3500rpmだ。前期型のトランスミッションは、フルシンクロの4速MTである。

 東洋工業は年代を「ロータリゼーション」の時代と位置づけ、ロータリーエンジン戦略を推し進めた。その先兵となったのがコスモスポーツだ。


【3】に続く


1972年式 マツダ コスモスポーツ(L10B)
Specification 諸元
全長 4130mm
全幅 1590mm
全高 1165mm
ホイールベース 2350mm
トレッド前 / 後 1260 / 1250mm
最低地上高 125mm
車両重量 960kg
乗車定員 2名
最高速 度 200km / h
登坂能力(tanθ) 0.553
最小回転半径 5.2m
エンジン型式 10A型
エンジン種類水冷 2ローター・ロータリー
総排気量 491cc×2
圧縮比 9.4:1
最高出力 128ps / 7000rpm
最大トルク 14.2kg-m / 5000rpm
変速機 前進5段 / 後退 1段 前進フルシンクロメッシュ
変速比 1速 3.379 / 2速 2.077 / 3速 1.390 / 4速 1.000 / 5速 0.841 / 後退 3.389
最終減速比 4.111
燃料タンク容量 57L
ステアリング形式 ラック&ピニオン
サスペンション 前 / 後独立懸架筒型複動オイルダンパー・コイルバネ / 筒型複動オイルダンパー半楕円形板バネ
ブレーキ前 / 後 ディスク / リーディングトレーリング
タイヤ前後とも 155HR15ラジアル
発売当時価格 158万円