【1973年式 トヨタ カローラ レビン 1600 Vol.2】【1】から続く

 1972年3月、カローラとスプリンターのホッテストバージョンとしてカタログに加えられたTE27カローラレビンとスプリンタートレノ。ベースとなったのは、強化したサスペンションとクラス初の5速MTを採用したクーペ1400SRだ。DOHCヘッドを備えた2T‐G型エンジンは、ボア85mm、ストローク70mmの1588ccで、吸気バルブは43mm、排気バルブは37mmである。シリンダーブロックはOHVのT型と2T型エンジンと同じ鋳鉄製だ。ドーム型の燃焼室を備え、ピストンは鋼板ストラットを鋳込んだものを採用した。


▶▶▶【画像21枚】850kg台のボディにホットな2T-G型エンジンを搭載していたカローラ・レビン。そのボディデザインなど


 ソレックス40PHHキャブを2連装し、パワーウエイトレシオは当時の国産車のなかでは優秀な7.43kg‐m/psである。クロスレシオの5速MTを駆使すれば最高速度190km/hをマークし、0〜400m加速も16.3秒の駿足を誇った。また、圧縮比9.8のプレミアムガソリン仕様のほか、圧縮比を8.8としたレギュラーガソリン仕様も用意された。

 エンジンの基本スペックはセリカなどの2T‐G型と同じだ。が、車両重量は100kg以上軽いし、コンパクトだから痛快な走りを披露した。エクステリアではリベット留めのFRP製オーバーフェンダーと175/70HR13サイズのタイヤが目を引く。軽量ボディを利して飛び抜けて速い走りを見せたのが、TE27レビンとトレノである。


【3】に続く


1973年式 トヨタ カローラ レビン 1600(TE27-MQ)
Specification 諸元
全長 3955mm
全幅 1595mm
全高 1335mm
ホイールベース 2335mm
トレッド前/後 1270 / 1295mm
車両重量 855kg
乗車定員 5名
最高速度 190km / h
登坂能力 tanθ0.71
最小回転半径 4.8m
エンジン型式 2T-G型
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC
総排気量 1588cc
圧縮比 9.8:1
最高出力 115ps / 6400rpm
最大トルク 14.5kg-m / 5200rpm
変速機 前進5段 / 後退 1段 前進フルシンクロメッシュ
変速比 1速 3.587 / 2速 2.022 / 3速 1.384 / 4速 1.000 / 5速 0.861 / 後退 3.484
最終減速比 4.300
燃料タンク容量 43L
ステアリング形式 リサーキュレーティング・ボール式
サスペンション 前/後マクファーソン・ストラット式コイルスプリング / 非対称半楕円リーフスプリング
ブレーキ 前/後ディスク / リーディングトレーリング式
タイヤ 前後とも175 / 70HR13
発売当時価格 84.1万円