ストリートゼロヨンで圧倒的な速さを誇ったL型チューンド。さまざまな仕様があったが、燃調セッティングがシビアで、一発ブローのリスクがあったターボチューンは、今となっては珍しい存在。しかし、ここに登場するS130Zは、L28型改3.1LにRX-6タービンをツインで装着。しかもウエーバーのキャブ仕様というから驚く。その最高出力はラクに500psオーバー。荒々しさのあるエンジンの鼓動からも、このマシンが暴力的な加速をみせることが容易に想像できる。2017年に取材した、その詳細をとくとご覧あれ。

【1982年式 日産 フェアレディ 2000 ターボ Z-Tバールーフ】【2】から続く


▶▶▶【画像23枚】センターコンソールの右下に設置される、追加インジェクターを制御するレビックと、過給圧をコントロールするための、懐かしい機械式VVCなど


「キャブは分解して組み直し、セッティングもやりました。レビックの使い方などは知らないので、メーカーに何度も問い合わて、ちゃんと走るようになるまでに時間がかかりました」。
 ようやく華麗なる復活を遂げたツインキャブターボ仕様のS130Z。現状は余裕をみてブースト圧を0.8〜0.9kg/㎠に抑えているが、それでも最高出力は500psを軽くオーバーしているらしい。アクセルを踏み込めば、ボディがよじれるのが分かるほど荒々しい加速が味わえるという。
 このモンスターマシンがゼロヨン会場で疾走する姿を見てみたいと思ったのは筆者だけでないはず。このZは、それほどのオーラに包まれていた。


OWNERS VOICE



「某ゼロヨン会場でめちゃくちゃ速いS130Zを見て以来、このクルマのとりこになりました。免許取得後すぐに手に入れましたが、当時は好きにイジり倒せるほど余裕はありませんでした。このZでは昔やりたかったことを実現していますね」と伊丹さん。ガレージ保管という愛車は、主にミーティングなどで使用するが、走行距離は購入時から5000kmほどしか伸びていないそうだ。



【1】【2】から続く


1982年式 日産 フェアレディ 2000 ターボ Z-Tバールーフ(P510)
Specification 諸元
■ボディ:逆マンハッタンカラー(オリジナル)
■エンジン:L28型改3.1Lツインキャブターボ仕様、柿本改ハイカム、ビッグバルブ(INφ46mm、EXφ38mm)、東名パワード鍛造ピストン、L20型用コンロッッド(重量合わせ)、LD28型用クランク(1本キー加工)、燃焼室加工
■吸排気系:ウエーバー50DCO/SP、追加インジェクター(720cc×3本)、IHI製RX6タービン(2基)、ワンオフサージタンク&サクションパイプ、ワンオフタコ足&φ100mmマフラー、ブローオフバルブ、ウェイストゲートバルブ
■点火系:ルーメニーション製デスビ
■冷却系:ラジエーター3層加工(9mmコア増し)、オイルクーラー、トラスト製4層インタークーラー
■駆動系:トリプルクラッチ、71Cミッション、R200LSD(ファイナル4.3)
■足回り:車高調、ストラットタワーバー、ARC製スタビ
■ブレーキ:(F)FD3S用4ポットキャリパー+φ295mmスリット入りローター (R)DR30用ディスクブレーキ
■内装:モモステアリング(レース)、シーマリン製セミバケットシート(左右)、ロールバー、10000rpmタコメーター、TBO製300km/hスケールスピードメーター、グレッディ製追加メーター(ブースト、燃圧、排気温)、ラムコ製追加メーター(水温、油圧、油温)、トラスト製VVC、グレッディ製レビックⅣ
■タイヤ:ブリヂストン ポテンザRE11
(F)205/50R16 (R)225/45R16
■ホイール:SSR メッシュ(F)16×7.5J+22
(R)16×8.5J-4