数多くのバリエーションが存在するL型チューン。なかでも王道といえるのがL28型改3.1L仕様である。ストリートで速いといわれたマシンには、大抵この排気量アップが施されていた。今も昔も「L28型改3.1」は変わらない輝きを放ち続けている。親子2代で作り上げた真っ赤なR仕様のケンメリも例外ではない。当然キャブレーターはソレックス50PHHだ。細部にまでこだわりを凝縮したその仕上がりに注目したい。

【1974年式 スカイラインHT 2000 GT Vol.2】

【1】から続く

 80スープラでゼロヨン10秒7を刻むなど、ターボチューンの魅力に取りつかれていった彼。なぜ絶対的なハンデがあるメカチューンのケンメリに乗り換えたのか?  

「実は、私が3歳の頃まで、父親がケンメリに乗っていたんです。それを知人に譲り渡したそうなのですが、年月がたつにつれ乗らなくなり、しばらく不動の状態になっていたようです。いろんな部分が腐って直しようがないので廃車にするという話が、オヤジの元に届きました」

 クルマの楽しさを教えてくれた父が愛したケンメリ。これをスクラップにするのは、どうしても見過ごせなかった。だから、10年掛かってもいいから復活させようと、この車体を引き取ることを決意したそうだ。


>>【画像24枚】ダッシュボードとフロントガラスを新品に交換した以外は当時のままというが、納屋で保管されていたことも奏功してかコンディションは上々。ちなみにR純正の白ガラスも何十年も前に父親が交換したそうだ。ダッツンコンペハンドルとなるステアリングなど


 とはいえ長きにわたって、放置されたケンメリは、フェンダーやドアの下部が朽ち果てるなど、素人が簡単に修復できる状態ではなかった。

 当然、その復旧作業には並々ならぬ苦労があった。ボディは1年半を掛けてレストア。エンジンやミッションなどは、すべて自分で組み直した。

 意外なのは、心臓部に収まる3.1L仕様のL28型をはじめ、R仕様のグリルや白ガラス、RSワタナベのホイールまで当時のパーツを数多く再使用していること。屋内保管であったのが幸いし、カビだらけだったものの状態は思ったより悪くなかったようだ。



1974年式 スカイラインHT 2000 GT(KGC110)
SPECIFICATIONS 諸元
■ エクステリア:リスタード製フロントスポイラー改、GT-R純正グリル/白ガラス/テールランプ/ガーニッシュ/エンブレム/前後オーバーフェンダー、全塗装(アウディ純正レッド)、ボディフルレストア
■ エンジン:L28型改3.1L、圧縮比12.5:1、柿本レーシング製ハイカム (80度 9mmリフト)、亀有製軽量ビックバルブ(INφ45mm、EXφ36.5mm)、イスキー製軽量バルブスプリング、ワイセコ製鍛造ピストン、L14型コンロッド(鏡面仕上げ)、LDクランク(ウエイト軽量加工)、ポート研磨
■ 点火系:亀有製デスビ/フルトランジスター、MDI
■ 燃料系:ASW大容量燃料ポンプ
■ 吸排気系:ソレックス50PHH、柿本レーシング製φ48mmタコ足、今野オリジナルマフラー
■ 冷却系:純正コア増しラジエーター、RB26型純正オイルクーラー
■ 駆動系:OS技研製ツインプレートクラッチ、ファイナル3.7
■ 足回り:(F)S14用フルタップ車高調加工流用 (R)ワゴンR用車高調加工流用、KYBハコスカ用リアダンパー流用、セミトレーリングアーム取り付け位置変更、亀有製リアメンバーカラー
■ ブレーキ:(F)MK63キャリパー、φ280mmベンチレーテッドローター、ケンメリGT-R純正マスターバッグ、S31Z用純正マスターシリンダー
■ タイヤ:(F)ブリヂストン・ポテンザRE-71R
205/50R15 (R)ポテンザRE-01R 225/50R15
■ ホイール:RSワタナベ Rタイプ (F)15×9J -13
(R)15×10J -25
■ インテリア:ダッツンバケットシート、永井電子機器製ウルトラ・タコメーター、240km/hスピードメーター、ロンサムカーボーイ・カーオーディオ、トラスト製追加メーター(油圧、油温、水温、燃圧)


【3】に続く