ちょうど50歳を越えた頃、オーナーは、青春まっただ中の一時期を共にした、サバンナGTを再び手に入れた。
当時に思いをはせながら、好きなスタイリングに少しモディファイ。
心の中に、まだ少しヤンチャな自分が残っていることに気づき、気持ちが熱くなる。

【1976年式 マツダ サバンナ GT Vol.1】

 このサバンナのオーナーの若かりし頃は、クルマなしの青春など考えられなかった時代。若い男たちはみんな、クルマを手に入れ、クルマで出かけ、クルマで遊び、そしてクルマで自己を主張した。多少古くてもいい。自由に使うことが許されるのであれば、親のクルマでも構わない。とにかく若い男たちにはクルマが必要で、そして誰もが多かれ少なかれ自分らしくカスタムをした。

 オーナーも例にもれず、免許を取得後、速攻でクルマを手に入れた1人だ。高校の頃、親にバイクに乗ることを止められていたことが、早くクルマに乗りたい気持ちに拍車をかけた。当時のオーナーの意中のクルマは、実はサバンナではなく510ブルーバードだったらしい。クルマのキャラクター=オーナーの性格。当たり前のように、そんな風にみられた当時、サバンナのオーナーになることは少々荷が重かったとオーナーはいう。


>>【画像27枚】極東製のインマニに、ウエーバーのダンドラ48IDAキャブ。5ZIGENにオーダーしたワンオフ品のタコ足など


【2】に続く


1976年式 マツダ サバンナ GT(S124A)
SPECIFICATIONS 諸元
●エクステリア : ディープパープル全塗装(ムーブカスタム純正色)、前後フェンダーたたきき出し、カーボンボンネット/ミラー、汎用リアウイング、ムーブCLサイドウインカー
●エンジン : 12A型ノーマル
●吸気系 : ウエーバー48IDA(ダウンドラフト)、FET極東製インマニ
●点火系 : 永井電子機器ウルトラMDI
●排気系 : 5ZIGEN製ワンオフφ50mmタコ足/マフラー/可変式バルブ
●冷却系 : 純正ラジエーター&オイルクーラー
●サスペンション : (F)SA22C用ストラット流用、コニ製ショック(R)ダウンブロック
●インテリア : 天井、リアシート、ドア内張り張り替え、ダッシュボード&ドア内張り上部はアルカンターラ、永井電子機器ウルトラ11000rpmタコメーター、デイトナ製デジタル水温計、momo製ステアリング/シフトノブ、センターコンソールワンオフ
●タイヤ : ダンロップ(F)195/50R15 (R)225/50R15
●ホイール : ハヤシストリート タイプCR
(F)15×8J (R)15×9.5J