ちょうど50歳を越えた頃、オーナーは、青春まっただ中の一時期を共にした、サバンナGTを再び手に入れた。
当時に思いをはせながら、好きなスタイリングに少しモディファイ。
心の中に、まだ少しヤンチャな自分が残っていることに気づき、気持ちが熱くなる。

【1976年式 マツダ サバンナ GT Vol.4】

【3】から続く

「自分は昔から、チューニングやカスタムに関する知識がさほど深くなく、こだわりも少ないほう。それでも、このあたりは譲れません。これ見よがしな族っぽいスタイルは昔から好きじゃなく、ヤンチャな中にも、どこかすっきりとしたスマートさを感じるスタイリングが好み。特にこのサバンナというクルマは、そんな風にカスタムするのが一番似合うと自分は思います」。

 ボーディーカラーについては、さすがに当時と同じ藤色を再現する勇気はなかったと笑うオーナー。今回選んだ色は、落ち着きのあるダークな色調のダイハツ・ムーブのディープパープル。藤色と同じ紫系列をチョイスすることで、当時の思い入れをほんの少し忍ばせた。一方、エンジン関係については、今回もファインチューンで楽しむというオーナー。
「いつまでも大切にしたいという愛情はあの頃以上。無理はさせたくはありません」と楽しそうに語ってくれた。

>>【画像27枚】藤田エンジニアリング経由でオーダーした5ZIGENのワンオフマフラーなど




OWNER

 大のクルマ好きであり旧車好きのオーナー。旧車はこれまで1972年式コスモスポーツや1967年式コロナRT40、1972年式フェラーリ246などを所有してきた。同世代の友人たちも、今もクルマが大好きで、旧車仲間とはしょっちゅう連れ立ってツーリングに出かける。一方、家族は全員クルマに興味なし。それだけが、なんとも寂しい。


【1】【2】【3】から続く


1976年式 マツダ サバンナ GT(S124A)
SPECIFICATIONS 諸元
●エクステリア : ディープパープル全塗装(ムーブカスタム純正色)、前後フェンダーたたきき出し、カーボンボンネット/ミラー、汎用リアウイング、ムーブCLサイドウインカー
●エンジン : 12A型ノーマル
●吸気系 : ウエーバー48IDA(ダウンドラフト)、FET極東製インマニ
●点火系 : 永井電子機器ウルトラMDI
●排気系 : 5ZIGEN製ワンオフφ50mmタコ足/マフラー/可変式バルブ
●冷却系 : 純正ラジエーター&オイルクーラー
●サスペンション : (F)SA22C用ストラット流用、コニ製ショック(R)ダウンブロック
●インテリア : 天井、リアシート、ドア内張り張り替え、ダッシュボード&ドア内張り上部はアルカンターラ、永井電子機器ウルトラ11000rpmタコメーター、デイトナ製デジタル水温計、momo製ステアリング/シフトノブ、センターコンソールワンオフ
●タイヤ : ダンロップ(F)195/50R15 (R)225/50R15
●ホイール : ハヤシストリート タイプCR
(F)15×8J (R)15×9.5J