にらみをきかせる薄型ヘッドライトに、ラジエーターグリルレスの特徴的な意匠。通称鉄仮面。DR30は、スカイライン史上もっとも個性的なマスクが与えられたモデルだ。好き、嫌いにかかわらず、その顔は1度見るとまぶたに焼きつく。関西在住のオーナーは、そんなキャラの立つDR30を、独創のアプローチで一段と希少な存在に仕立てる。ターボレス、4スロ、そしてハイブリッドサス。ファミリーユースという愛し方も彼なればこそ。

【1984年式 日産 スカイライン HT 2000 ターボ インタークーラー RS-X Vol.2】

【1】から続く

 話を聞けば聞くほどに、オーナーはR30というクルマを見ると放っておけなくなる性分なんだと感じた。案の定、オーナーはこのDR30が朽ちかけた無残な状態の時に出合い、今の雄姿に復活させていた。そして、その出合いと行動は、前に乗っていたDR30の時とほとんど同じ。

 ぞっこんというわけではないが、きっと共感する何かがある。R30と独特な関係を続けるオーナーの、愛車のチューニングスタイルや付き合い方は、これまた独特だった。

 例えばエンジン。現車は性能面でいえば高出力仕様のRSターボなのだが、あえてタービンをキャンセルし、NA仕立てにする。どうしてか?

>>【画像32枚】ECUはアペックスのパワーFC(S15用)で制御している。オーナーはセッティングもすべて自分でやるらしい。それに伴いSR20型用に変更されているピックアップなど


【3】に続く


1984年式 日産 スカイライン HT 2000 ターボ インタークーラー RS-X(DR30)
SPECIFICATION 諸元
●エクステリア:純正レッドオールペイント(やや濃い目)、前後フェンダーたたき出し(約2cm)、
 FRPフロントスポイラー/ボンネット
●エンジン:FJ20DET型改2.1LNA仕様(2018cc:ボアφ91mm×ストローク80mm、圧縮比11.5:1)、
 亀有製鍛造φ91mmハイコンプピストン(重量合わせ)、ライジング製H断面コンロッド、クランクシャフトバランス取り、
 HKS製ハイカム(IN288度、EX272度)、軽量ビッグバルブ(INφ35.5mm、EXφ30.5mm)、
 他車用強化バルブスプリング加工流用、オイルパン加工
●点火系:SR20型用ダイレクトイグニション
●吸気系:φ50mm4連スロットル
●制御系:アペックス製S15用パワーFC
●排気系:4-2-1ステンレスタコ足、オールステンレスマフラー(ターボ用)
●駆動系:R32用シングル強化クラッチ、R200LSD(シム増し、ファイナル4.3)
●足回り:S13用アペックス製車高調改油圧シリンダー付きハイブリッド(前後10kg/mm)、
 S13用ナックル改、リアメンバー加工、スタビ取り付け位置変更
●ブレーキ:S15用4ポットキャリパー
●タイヤ:ブリヂストン・ポテンザRE71 (F)205/50R16 (R)225/45R16
●ホイール:ワーク・マイスターCR-01(F)16×8.5J ±0 (R)16×9.5J +1
●内装:スタック製メーター、ブリッド製シート、サベルト製ハーネス、クスコ製8点式ロールケージ