【時代の主役を争った2台のハイソカー|プライドをかけた戦い ソアラvsレパード】

80年代初頭に巻き起こったハイソカーブームにおいて、欠かせない存在がソアラとレパード。
両車とも各メーカーの最高級パーソナルカーとして開発され、2世代に渡ってしのぎを削った。
この戦いは両メーカーが威信を賭けた、負けられない戦いだったのだ。

【1990年式 トヨタ ソアラ 2.0GT ツインターボ L Vol.2】

【1】から続く

 まずシャシーでは、新設計の4輪ダブルウイッシュボーンを採用。ここに電子制御で減衰力を3段階に調整するTEMS、そして減衰力や車高をコンピューター制御するエアサスペンションが組み込まれる。エンジンでは3L直列6気筒DOHCターボの新開発7M‐GTEU型を投入。最高出力230psは国内最強エンジンとして話題を集めた。加えて、最高出力185psの2L直列6気筒DOHCツインターボの1G‐GTUE型も設定。このエンジンを二枚看板に、新設計シャシーと併せて高次元の走りをアピールした。ビジュアル・インフォメーション・カセットやマルチ・コントロール・パネルなど、エレクトロニクスを駆使した先進装備も満載。101の新技術の中には「世界初」の文字が幾度となく登場する。

 こうして本格的なプレステージ・スペシャリティーカーとなった20ソアラは、国産乗用車最高峰のクラウンと同等の価格ながら、バブル景気の波に乗って、またもや大成功を収めた。ソアラが街を駆け抜けていた光景が記憶に残り、憧れているという20代から30代のファンも多い。

>>【画像18枚】サクションパイプやターボパイプはワンオフ。アペックスのパワーインテークを装着したエアクリーナーなど


【3】に続く


1990年式 トヨタ ソアラ 2.0GT ツインターボ L(GZ20)
SPECIFICATION 諸元
全長×全幅×全高(mm) 4675×1695×1345
ホイールベース(mm) 2670
トレッド(mm) 1460(前後とも)
車両重量(kg) 1450
エンジン型式 1G-GTEU型
エンジン種類 直列6気筒DOHCツインターボ
総排気量(cc) 1988
ボア×ストローク(mm) 75.0×75.0
圧縮比 8.5:1
最高出力(ps/rpm) 210/6200
最大トルク(kg-m/rpm) 28.0/3800
変速比 1速2.804/2速1.531/3速1.000/
4速0.705/後退2.393
最終減速比 4.556
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション ダブルウイッシュボーン(前後とも)
ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 215/60R15(前後とも)
発売当時価格 312.6万円