【時代の主役を争った2台のハイソカー|プライドをかけた戦い ソアラvsレパード】

80年代初頭に巻き起こったハイソカーブームにおいて、欠かせない存在がソアラとレパード。
両車とも各メーカーの最高級パーソナルカーとして開発され、2世代に渡ってしのぎを削った。
この戦いは両メーカーが威信を賭けた、負けられない戦いだったのだ。

【1985年式 トヨタ ソアラ 3.0GT リミテッド Vol.1】

 1981年2月、その後10年間の国産車の方向性を決定付けた一台のクルマが登場した。それが10ソアラだ。

「最高級スペシャリティーカー」をテーマに開発された10ソアラは、約5年間のモデルライフを送る中で、次々に最先端技術を投入してきた。まずエンジンは2.8LDOHC 6気筒の5M‐GEU型を新開発。その後、2L SOHCターボ、2L DOHCを追加し、モデル末期の185年には3L DOHCの6M‐GEU型を投入した。これらの高性能エンジンに合わせて、サスペンションは4輪独立懸架が開発され、さらに1983年のマイナーチェンジ時にショックアブソーバーの減衰力を自動的に切り替える世界初の電子制御サスペンションTEMSを搭載して強化。トランスミッションでは電子制御オートマチックのETCも採用されている。

 このほか、エレクトロニック・ディスプレイメーターやクルーズコンピュータなど、夢のような最先端装備を満載。こうした電子制御やエレクトロニクスを駆使した技術・装備は80年代に大きく飛躍した分野であり、その発端となったのが10ソアラだったのだ。

>>【画像27枚】デザインと操作性は超オシャレ! フルフラットで、選択している部分の枠と文字が点灯するオートエアコンの操作パネルなど


【2】に続く


1985年式 トヨタ ソアラ 3.0GT リミテッド(MZ12)
SPECIFICATION 諸元
全長×全幅×全高(mm) 4675×1695×1360
ホイールベース(mm) 2660
トレッド前/後(mm) 1440/1450
車両重量(kg) 1360
エンジン型式 6M-GEU型
エンジン種類 直列6気筒DOHC
総排気量(cc) 2954
ボア×ストローク(mm) 83.0×91.0
圧縮比 9.2:1
最高出力(ps/rpm) 190/5600
最大トルク(kg-m/rpm) 26.5/4400
変速比 1速2.804/2速1.531/3速1.000/
4速0.705/後退2.393
最終減速比 3.583
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 205/60R15(前後とも)
発売当時価格 398.4万円