【プリンスと日産】
スカイラインは日本のクルマ好きにとって、特別なブランドであることは間違いない。
1957年4月、富士精密工業のセダンとして初代プリンス・スカイラインがデビュー。
61年2月に社名をプリンス自動車工業に変更した後は、名実ともにプリンスの屋台骨を支える主力モデルとして進化していく。
2代目S50系時代の66年8月には、プリンスと日産自動車が合併。
今回は、日産スカイラインとして登場した3代目C10系までを「プリンスと日産」シリーズとして紹介していく。

【1968年式 日産プリンス スカイライン 1500 デラックス Vol.1】

 1963年9月、モノコックボディで装いも新たに現れたのが、2代目プリンス・スカイラインだった。エンジンはマイルドな1.5Lに統一され、コンパクトファミリーセダンとして人気を博すモデルへと成長していった。
 日本グランプリでの活躍もあり、スポーティーモデルがラインナップされるなど、その名を知らしめたプリンス・スカイライン。しかし、1966年8月にプリンスと日産が合併。以降、スカイラインには日産の名が追加された。

 1967年には2代目スカイライン最後のモデルとなるS57Dスカイラインが登場。OHVのG1型からSOHCのG15型へと変更され、SOHCらしい高回転エンジンとなり、最高出力はグロスで70 psから88 psへと向上している。

 しかし、3代目スカイラインの足音はすぐそこまで来ており、S57D型スカイラインは1年間限りのモデルとして終了。3代目スカイライン人気にも押され気味で、後日、その希少性はますます高くなっていたモデルだった。


>>【画像19枚】最高出力は18ps上がり、スポーツカーのパワーを秘めた高性能ファミリーカーとうたわれた。1500DXだけがSOHCで、スタンダードモデルはOHVとなるS57Dのエンジンなど


>> 高速走行でも見やすい光量を確保した4灯式ヘッドライトは特徴的アイコンだ。


>> 後のサーフィンラインの原型となったサイド下部のラインとプリンスらしいサイドモールがエクステリアデザインを引き締める。


>> 後方からの視認性を高めるために、コンビネーションが大型化されるとともに、下から照らすように配されたライセンスランプも大型になっている。


【2】に続く


1968年式 日産プリンス スカイライン 1500 デラックス(S57D)
SPECIFICATION 諸元
全長 4100mm
全幅 1495mm
全高 1425mm
ホイールベース 2390mm
トレッド前/後 1255 / 1235mm
最低地上高 175mm
車両重量 920kg
乗車定員 5名
最高速度 160km / h
登坂能力sinθ 0.39
最小回転半径 4,85m
エンジン型式 G15型
エンジン種類 水冷直列4気筒SOHC
総排気量 1483cc
ボア×ストローク 82×70.2mm
圧縮比 8.5:1
最高出力 88ps / 6000rpm
最大トルク 12.2kg-m / 4000rpm
変速機 前進4段 / 後退 1段 オートシンクロメッシュ式
変速比 1速 3.523 / 2速 2.125 / 3速 1.355 / 4速 1.000 / 後退 3.523
最終減速比 4.111
燃料タンク容量 40L
ステアリング形式 リサーキュレーティングボール式
サスペンション 前/後 独立懸架ウイッシュボーンボールジョイント / 半浮動式半楕円リーフ
ブレーキ前/後 リーディングトレーリング
タイヤ前後とも 5.60-13-4PR
発売当時価格 64.4万円