【プリンスと日産】
スカイラインは日本のクルマ好きにとって、特別なブランドであることは間違いない。
1957年4月、富士精密工業のセダンとして初代プリンス・スカイラインがデビュー。
61年2月に社名をプリンス自動車工業に変更した後は、名実ともにプリンスの屋台骨を支える主力モデルとして進化していく。
2代目S50系時代の66年8月には、プリンスと日産自動車が合併。
今回は、日産スカイラインとして登場した3代目C10系までを「プリンスと日産」シリーズとして紹介していく。

【1967年式 日産プリンス スカイライン 2000 GT-B Vol.2】

【1】から続く

 このプリンススカイラインGTが後のプリンススカイライン2000GTシリーズ誕生のきっかけとなる。
 スカイラインGTの系譜をたどると、1.5Lモデルをベースにフロントを200mm延ばし、グロリアスーパー6のG7型エンジンを搭載した限定車だ。レース出走資格のホモロゲーションを取得するために100台を生産している。レース参戦翌年の1965年には、ウエーバー3連キャブ、フロントディスクブレーキを装備した、市販車両のプリンススカイラインGTが登場。のちにシングルキャブタイプのGT‐Aが発売されると、既存のGTはGT‐Bへとスライドする形で名称変更された。

 レーシングカー直系の流れをくむプリンススカイラインGT-B。そのクルマに特別な思いをはせるのがオーナーの香取孝さんだ。クルマを手に入れた時、保存することを決めたのだが、
「ノーマルを維持しながらも、普段から走れるクルマにすることにしました。それが、このクルマらしいのかなと思ったんです。見ているよりも、走っている方がいいですから」と香取さん。
 普段から気負うことなくクルマを楽しむために、さまざまな個所に手が加えられた。もちろん、ノーマル然としていることが基本的なコンセプト。

 まずは足回りの強化。ホイールを履き替え、KYBのショックを組み込んだ。フロントスタビライザーにはレース用のパーツを装着し、足元をしっかりと固める。マフラーも新しく作り変え、ヘッドライトは明るいタイプへ。


>>【画像17枚】他のモデルでは直線的なプリンスマークを採用していたが、センターにプリンスのエンブレムが記されているホーンボタンなど


>> ナルディタイプのステアリングの奥に4連丸メーターが並ぶレイアウトが、レーシングカーをイメージさせる。

>> リクライニング式バケットシートに交換されている。4点式シートベルトはレーシングカーから移植されたもの。

>> 当時のオプションパーツとして2点式シートベルトが設定されていた。バックルにはプリンスのマークが記される。


【3】に続く


1967年式 日産プリンス スカイライン 2000 GT-B(S54B-3)
SPECIFICATION 諸元
全長 4235mm
全幅 1510mm
全高 1405mm
ホイールベース 2590mm
トレッド前/後 1265 / 1255mm
最低地上高 155mm
車両重量 1095kg
乗車定員 5名
最高速度 180km / h
登坂能力 sinθ0.47
最小回転半径 5.25m
エンジン型式 G7型
エンジン種類 水冷直列6気筒SOHC
総排気量 1988cc
ボア×ストローク 75.0×75.0mm
圧縮比 9.3:1
最高出力 125ps / 5600rpm
最大トルク 17.0kg-m / 4400rpm
変速機 前進5段 / 後退 1段 2~5速 シンクロメッシュ
変速比 1速 2.851 / 2速 1.854 / 3速 1.378 / 4速 1.000 / 5速 0.810 / 後退 3.564
最終減速比 4.444
燃料タンク容量 99L
ステアリング形式 リサーキュレーティングボール式
サスペンション 前/後独立懸架ウイッシュボーン・コイル / リジッド半楕円リーフ
ブレーキ前/後 ディスク / リーディングトレーリング
タイヤ前後とも 5.60-13-6PR
発売当時価格 94万円