【風立ちぬオープンカー】
太陽を浴び、風を受け、四季を感じられるのはオープンカーの特権。
屋根を開ければ、いつもと違う情景や香り、音などに気付くはず。
普段は味わえない開放感や爽快感を肌で感じられるオープンカーはアナタを非日常の世界へ連れて行ってくれるだろう。

【1995年式 ユーノス ロードスター Vol.1】

 1960年代にイギリスで生まれ、絶大な人気を誇ったライトウエイトスポーツ。軽量コンパクトなボディにセダン用のエンジンを搭載し、軽快な走りを楽しむ……。そんなクルマを、多くの人がこよなく愛していた。しかし、70年代に入るとアメリカで安全性や排ガス規制が強化され、多くのライトウエイトスポーツが消滅。市場は衰退し、その後しばらくはライトウエイトスポーツ受難の時代となってしまった。


>>【画像20枚】ワーク・マイスターCR01、カラーはカスタムオーダープランのリムアレンジで、マットカーボンディスクにブロンズアルマイトリムの組み合わせ。8J×15+20となるホイールサイズなど


 そこに救世主として現れたのがユーノス・ロードスターだ。ロードスターは、1989年9月の日本国内デビューに先駆け、アメリカのシカゴモーターショーで「MX‐5」として発表。理想のライトウエイトスポーツを目指して「人馬一体」というキーワードのもと開発された。軽快で素直なドライブフィールを得られるFRレイアウトを核に、4輪ダブルウイッシュボーンやミッションとデフを結合するパワープラントフレーム(PPF)を採用。さらに、エンジンをフロントミッドシップに配置し、アルミ製のボンネットとラジエーターを装備。加えて、燃料タンクをシート後方に配置し、バッテリーをトランク内に設置することで、50対50という理想的な前後重量バランスも実現した。そして、ボディサイズを全長4m以下とし、車重も1トン以下に抑えるなど、走る楽しさを徹底的に追求したパッケージングとしたのだ。


【2】に続く


1995年式 ユーノス ロードスター(NA8C)
SPECIFICATION 諸元
全長×全幅×全高(mm) 3955×1675×1235
ホイールベース(mm)  2265
トレッド前/後(mm) 1405 / 1420
車両重量(kg)  980
エンジン型式  BP-ZE型
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1839
ボア×ストローク(mm) 83.0×85.0
圧縮比 9.0:1
最高出力(ps / rpm) 130 / 6500
最大トルク(kg-m / rpm) 16.0 / 4500
変速比 1速 3.136 / 2速 1.888 / 3速 1.330 / 4速 1.000 / 5速 0.814 / 後退 3.758
最終減速比 4.100
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション ダブルウイッシュボーン(前後とも)
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク / ディスク
タイヤ 185 / 60R14(前後とも)
発売当時価格 175.5万円