【1972年式 日産 スカイライン 2ドア ハードトップ 1500 デラックス Vol.2】

【1】から続く

 数多くのバリエーションを持つ3代目スカイライン。フロントノーズの長い6気筒モデルが印象的だが、対して、ショートノーズと呼ばれる4気筒モデルも。

 ショートノーズは、ロングノーズに比べて手の届きやすい存在で、当時の若者には人気のモデルであった。思い思いのカスタマイズでクルマを楽しむ、そんな時代がやってきたのだ。
 当時、20代であったオーナーも、他の若者と同じように、スカイラインは「いつかは乗りたい」あこがれの存在であったという。

「スカイラインに乗りたいという話をしていたら、身内にクルマ関連の人がいまして、横浜にいいクルマがあるという話になりました。事前に交渉を進め、とりあえず現車を確認することにしたんです」とオーナー。
 横浜へクルマを見に行くだけだったはずが、帰り道ではスカイラインのステアリングを握っていた。クルマを目の前にし、即決するしかなかった。

>>【画像14枚】リアシートにも同じようにシートカバーが取り付けられた。クルマを大切にしてきたオーナーらしい一面を感じさせる1枚など


【3】に続く


1972年式 日産 スカイライン 2ドア ハードトップ 1500 デラックス (KC10T)
SPECIFICATION 諸元
全長 4135mm
全幅 1595mm
全高 1390mm
ホイールベース 2420mm
トレッド前/後 1325 / 1320mm
最低地上高 175mm
車両重量 945kg
乗車定員 5名
最高速度 160km / h
登坂能力tanθ 0.55
最小回転半径 4.9m
エンジン型式 G15型
エンジン種類 水冷直列4気筒SOHC
総排気量 1483cc
ボア×ストローク 82.0×70.2mm
圧縮比 8.5:1
最高出力 95ps / 6000rpm
最大トルク 13.0kg-m / 4000rpm
変速機 前進4段 / 後退 1段 オールシンクロメッシュ
変速比 1速 3.657 / 2速 2.177 / 3速 1.419 / 4速 1.000 / 後退 3.638
最終減速比 4.111
燃料タンク容量 50L
ステアリング形式 リサーキュレーティングボール式
サスペンション前/後 ストラット式独立懸架 / リーフスプリング
ブレーキ前/後 ディスク / リーディングトレーリング
タイヤ前後とも 5.60-13-4PR
発売当時価格 68.7万円