1970年、ボディを4ドアから2ドアに変更し登場したハコスカHT GT-R。オーバーフェンダーを装着した精かんなスタイリングは一躍人気を博し、以来それをまねるGT-R仕様は40年に渡りハコスカスタイルの王道とされてきた。そんな往年のハコスカR仕様からの脱却を狙い、大径ホイールとスピードフォルムの新作オーバーフェンダーによる次世代のRスタイルが出現した!

【1971年式 日産 スカイライン HT 2000 GT Vol.1】

 ハコスカの王道で定番のGT‐R仕様。スタイリングのキーとなるオーバーフェンダーに関して、リアのみに装着するスタンダード派、レースで活躍したワークスGT‐Rと同じように前後4枚を装着するスタイルもある。さらに、オーバーフェンダー自体も、やや大きなセミワークスもあれば、一段とレーシングなワークスもあり、その何れもがまぎれもなくGT‐R仕様だ。

 一方、ホールに関しても15インチを選ぶ人もいれば、今も14インチにこだわるオーナーもいる。15インチ派が増えたのは、あくまでもタイヤサイズの選択肢によるところが大きい。ホイールサイズとボディのバランスがよいとされる15インチは、タイヤサイズにいくらかの選択の余地があり、履きこなしの自由度がある。ハコスカオーナーの支持率が一番高くなるのは必然だ。

 そんな中、ハコスカR仕様のひとつのスタイルとしてあるのが、フロントとリアでサイズを変える前後異径のセットアップだ。ハコスカR仕様では、リアにオーバーフェンダーを装着するのは必須で、必然的にタイヤハウスが大きくなり、ワイドなタイヤを履かせるのがセオリーとなる。そのため、フロント15インチ、リア16インチなどの前後異径という手法を採用するオーナーもいる。ただし、タイヤサイズはオーナーの好みなので、正解はない。


>>【画像28枚】フロントフェンダーの幅は最大値で50mm。ぼってり感のないストレートな傾斜がハコスカのバーフェンルックを洗練させるなど



【2】に続く


1971年式 日産 スカイライン HT 2000 GT(KGC10)
SPECIFICATION 諸元
■ エクステリア:フルレストア、スピードフォルム製オーバーフェンダー(FRP)、GT-R用白ガラス/ウェザーストリップ/ライト枠/グリル/テール/エンブレム類ほかGT-R仕様
■エンジン:L28型改3.2L仕様(最高出力340ps)、WAKO specialヘッド、75Sカムシャフト、オリジナル強化バルブスプリング、専用リテーナー、強化コッター、クロモリロッカーガイド、カムホルダースペーサー、ダミーヘッドボーリング、クランクキャップOS加工、ラインボーリング、シリンダーブロックパルホスM処理、WAKO製85mmクランク/スペシャルコンロッド、ワイセコ鍛造ピストン、チタンコートリング、強化オイルポンプ、セルモーターオフセットスペーサー、メタルヘッドガスケット、強化タイミングチューン、ATIダンパーほか
■ 点火系:亀有製デスビ+MDI、リビルトダイナモ
■ 吸気系:ソレックス50PHH
■ 排気系:亀有製等長ステンタコ足、シェイプ製ワンオフチタンマフラー
■ 燃料系:BOSCH強化燃料ポンプ、アルミコレクタータンク、アルミ削り出し燃料レギュレーター、キノクニ燃料配管メッシュホース、50Lステンレス燃料タンク
■ 冷却系:3層ラジエーター、OILクーラー
■ 駆動系:R32タイプM用ミッション、亀有製クロス/強化レリーズ+ステンメッシュホース、OS技研製トリプルクラッチ、クラッチマスター交換、クイックシフト、R200デフ
■ 足回り:コモンスナッパー製カンデン車高調キット、亀有製ブッシュ
■ ブレーキ:(F)MK63キャリパー、亀有製ベンチローター、強化パッド、ステンメッシュホース、ラインロック装置 (R)強化ブレーキシュー、ブレーキマスターバッグ&シリンダー交換
■ タイヤ: ダンロップDIREZZA ZⅢ(F)205/45R17 (R)225/40R17
■ ホイール:レイズ ボルクレーシングTE37V-BR(F)17×9.5J -15 (R)17×10J -20
■ 内装:レース用ワイドミラー、GT-R純正内張り、天張り貼り替え、レカロシート×2、NISMOシートベルト×2、亀有製追加メーター(水温・油温・油圧)、燃圧計、ダッツンコンペステアリング、カロッツェリアCDユニット、BOSE製スピーカーほか