旧車にあこがれているものの、壊れるのが不安という意見も多い。
そんな人たちが注目しているのが、エンジンを積み替えるスワップチューンドだ。
ここで紹介するのは、北海道の函館で育まれた3台のマシン。
北の大地を存分に走り回るべく、それぞれのオーナーの思いを込めて製作された。
まずはRB26型を搭載したフェアレディZからご覧いただこう。

【1977年式 日産 フェアレディZ Vol.1】

 手塩にかけて育てたわが子が旅立つとき、親としての心中は複雑であろう。うれしい反面、少なからず戸惑いや不安があるはずだ。
「ひとり娘の就職が決まり、東京に出て行くことになったんです。それまでになんとか間に合わせたいと、1年余りで仕上げました」
 物静かに語りはじめたのは、このフェアレディZのオーナーであるオーナー。美しく磨き上げられたボディを見ただけでも、ズバ抜けて完成度が高いことが分かる。しかも驚くことに、ボディワークからエンジン製作まで、ほぼすべて自分の手で行なっている。

 BNR32のフルチューンを所有するオーナーの元に、S31Zがやってきたのは約2年前のこと。友人がそのまま乗れるS30Zを探していた時、たまたま出てきたのがエンジンもミッションないドンガラのこのS31Zだった。

>>【画像37枚】倉庫に眠っていたエンジンだが調子は上々で高回転までストレスなく吹け上がる、腰下ノーマルのままヘッドチューンのみを施した、メッキのヘッドカバーがまぶしいRB26DETT型


【2】に続く

1977年式 日産 フェアレディZ(S31)
SPECIFICATION 諸元
■エクステリア:リスタード製カーボンGノーズ/前後カーボンバンパー/前後カーボンオーバーフェンダー/FRPボンネット/FRPドア/FRPハッチバック、全塗装(ミレニアムジェイド)、ボディフルレストア、フルスポット増し 
■エンジン:RB26DETT型換装、トラスト製T88-34Dタービン、HKS製ハイカム(IN&EX:272度 9.1mmリフト)/強化バルブスプリング/F-con V Pro 
■点火系:HKS製ツインパワー
■燃料系:HKS製フューエルデリバリー/大容量インジェクター、燃圧レギュレーター、ボッシュ製燃料ポンプ、ワンオフ40L燃料タンク 
■吸排気系:日産純正6連スロットル、トラスト製サージタンク/マフラー改(メインφ90mm電子バルブ付き) 
■冷却系:ARC製インタークーラー/アルミラジエーター、HKS製オイルクーラー、MOCAL燃料クーラー 
■駆動系:BNR32用純正ミッション移植、OS技研製クロスミッション、HKS製ツインプレートクラッチ、GT-R純正デフキャリア、GT-R純正ドライブシャフト加工、ファイナル4.1 
■足回り:BNR32用マルチリンク式リアサスペンション&リアメンバー移植、HKS製車高調(F&R 10kg/mm)、シルビア用リアダンパー流用 
■ブレーキ:(F)R32タイプM用キャリパー、N1ローター、ブレーキライン引き直し 
■インテリア:オートメーター製1万1000rpmスケールタコメーター、日本精機Defi製ブースト計/油圧計、PLX空燃費計、ブリッド製バケットシート×2、タカタ製4点式ハーネス、ナルディ製ステアリング、ニスモ製シフトノブ、HKS製EVC、ロールバー溶接留め 
■タイヤ:(F)ダンロップ ディレッツァDZ101 215/45R16 (R)ブリヂストン ポテンザRE-11 225/45R16 
■ホイール:ワーク マイスターCR-01 (F)16×8.5J -9 (R)16×9.5J-22