旧車にあこがれているものの、壊れるのが不安という意見も多い。
そんな人たちが注目しているのが、エンジンを積み替えるスワップチューンドだ。
ここで紹介するのは、北海道の函館で育まれた3台のマシン。
北の大地を存分に走り回るべく、それぞれのオーナーの思いを込めて製作された。
まずはRB26型を搭載したフェアレディZからご覧いただこう。

【1977年式 日産 フェアレディZ Vol.2】

【1】から続く

 BNR32のフルチューンを所有するオーナーの元に、S31Zがやってきたのは約2年前のこと。友人がそのまま乗れるS30Zを探していた時、たまたま出てきたのがエンジンもミッションないドンガラのこのS31Zだった。

 BNR32用のパーツを豊富にストックしていたオーナーは、それらを利用すればコストを抑えて再生できるはずと、車両を引き取ったのが始まりだ。
「若い頃、ハコスカやケンメリに乗っていて、本音だとあまりZは好きじゃなかったんです。だけど、自分であれこれイジっていくうちに、だんだん愛着がわいてきましたね」と目を細める。
 職業柄、メカ作業や溶接の処理には慣れていた。自宅ガレージにドンガラのZを持ち込み、作業に没頭したという。もともとが凝り性なのだろう。

「何かやってないと気になって寝られなくなって。このZを製作していた1年間は寝不足の日が続きました」

 エンジンやミッションがないドンガラ状態のZは、コアサポート下やフレーム、リアフェンダー下やリアハッチなど、あらゆる部分が朽ち果てていた。それらを修復しながら、スポット溶接を追加してボディを再生した。

>>【画像37枚】パワーは未計測だが600psオーバーは確実な、エンジンルーム内にギリギリで収まったトラスト最大級となるT88-34Dなど


【3】に続く



1977年式 日産 フェアレディZ(S31)
SPECIFICATION 諸元
■エクステリア:リスタード製カーボンGノーズ/前後カーボンバンパー/前後カーボンオーバーフェンダー/FRPボンネット/FRPドア/FRPハッチバック、全塗装(ミレニアムジェイド)、ボディフルレストア、フルスポット増し 
■エンジン:RB26DETT型換装、トラスト製T88-34Dタービン、HKS製ハイカム(IN&EX:272度 9.1mmリフト)/強化バルブスプリング/F-con V Pro 
■点火系:HKS製ツインパワー
■燃料系:HKS製フューエルデリバリー/大容量インジェクター、燃圧レギュレーター、ボッシュ製燃料ポンプ、ワンオフ40L燃料タンク 
■吸排気系:日産純正6連スロットル、トラスト製サージタンク/マフラー改(メインφ90mm電子バルブ付き) 
■冷却系:ARC製インタークーラー/アルミラジエーター、HKS製オイルクーラー、MOCAL燃料クーラー 
■駆動系:BNR32用純正ミッション移植、OS技研製クロスミッション、HKS製ツインプレートクラッチ、GT-R純正デフキャリア、GT-R純正ドライブシャフト加工、ファイナル4.1 
■足回り:BNR32用マルチリンク式リアサスペンション&リアメンバー移植、HKS製車高調(F&R 10kg/mm)、シルビア用リアダンパー流用 
■ブレーキ:(F)R32タイプM用キャリパー、N1ローター、ブレーキライン引き直し 
■インテリア:オートメーター製1万1000rpmスケールタコメーター、日本精機Defi製ブースト計/油圧計、PLX空燃費計、ブリッド製バケットシート×2、タカタ製4点式ハーネス、ナルディ製ステアリング、ニスモ製シフトノブ、HKS製EVC、ロールバー溶接留め 
■タイヤ:(F)ダンロップ ディレッツァDZ101 215/45R16 (R)ブリヂストン ポテンザRE-11 225/45R16 
■ホイール:ワーク マイスターCR-01 (F)16×8.5J -9 (R)16×9.5J-22