8月27日(土)に富士スピードウェイで、自動車専門誌「ティーポ」「ル・ボラン」「デイトナ」「カーマガジン」を発行するカルチュア・エンタテインメント(本社:東京都品川区)ネコ・パブリッシング事業部が、「FUJI SPEED FESTIVAL 2022」を開催する。



 同イベントは、『走って、触って、観て、聞いて、遊ぶ』をテーマとし、クルマ好きのための各種コンテンツを用意。自動車を趣味とする人達が一日中楽しめる参加型のイベントとなっている。

>>【画像6点】カングー&フレンチミニバンBBQパーティや、ABARTH SCORPION MEETING&RUNなどのようす


 世界屈指の長いストレートを持つ国際レーシングコースである富士スピードウェイを自身のクルマで走るフリー走行をはじめ、プロドライバーの同乗体験が出来るサーキットタクシー、さらにデモカーによるパレードランなどを予定。その他にもピットやパドック、パーキングエリアでの新車試乗会やクラブミーティング、メーカーやショップによる出展、デモカーの展示などが行われる予定で、クルマ趣味人が一日遊べるイベントとなりそうだ。

 アバルトにスポットを当てたスペシャルコンテンツ「ABARTH SCORPION MEETING&RUN」では、オーナー同士の親睦が深められるよう、アバルトオーナーが集える専用スペースがパドックに設置されるという。アバルトのみの走行枠や貴重なクラシックモデルによるデモランなど、新旧アバルトが多数集結する予定。

 また、コース脇にあるパーキングエリアでは「カングー&フレンチミニバンBBQパーティ」が併催される。プロのシェフによる豪快なBBQ料理をはじめ、スペシャルショップによるオートジャンブルやワークショップの開催など、家族で楽しめるコンテンツが多数用意される。

 さらに、ネコ・パブリッシングは、サーキットで開催するイベントを「SPEED FESTIVAL」と名付け、今秋にはスポーツランド菅生で「SUGO SPEED FESTIVAL 2022」の開催も予定している。


開催概要
・イベント名称:FUJI SPEED FESTIVAL 2022
・開催日時:2022年8月27日(土)7:30〜18:00(予定)
・入場料:2000円(前売1500円)+駐車料金1,000円
・開催場所:富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町中日向694)
・主催:カルチュア・エンタテインメント株式会社 ネコ・パブリッシング事業部
・運営:富士スピード・フェスティバル実行委員
・公式サイトURL:https://www.neko.co.jp/fujispeedfestival