父のTE27は私が受け継ぎます! 旧車をこよなく愛する親。そんな親から愛情と嗜好を受け継いで育った子ども。
当たり前のように身近にクルマがあって、クルマと家族の思い出を積み重ねていく。
ハチマル車に囲まれたクルマ好きにとって、うらやましい幸せな家族のカタチがある。
【1973年式トヨタ スプリンター トレノ 1600 & 1986年式 トヨタ カローラ レビン 3ドア GTV Vol.2】 【1】から続く

 TE27トレノ・オーナーの夫に「クルマ好き」と言われる妻は、AE86レビンに乗る。この個体は知人から購入したもので、前オーナーが大事に乗っていて状態が良かったので夫が「クルマを手放すときは声をかけてください」とお願いしていた。そして約8年前に譲ってもらってからは、通勤など妻のパートーナーとして日常を送っている。後ページを見てもらえれば分かるように、このハチロクはGTV。つまり走りを強化した硬派モデルとして位置付けられるグレードで、5速MTのみの設定。それについて聞くと、「マニュアルの方が好きなので、苦ではないですよ」とのこと。さすが、クルマ好きだけある。

 こんなクルマ大好きの2人は、クルマ関連のイベントにも積極的に参加。倉敷旧車倶楽部のミーティングをはじめ、オフ会などさまざまなイベントに家族一緒に出かけ、そこで少しずつ娘さんたちにクルマの魅力を伝えていった。子どもの頃から両親の熱心な英才教育を受けて来た娘さんたち。そのかいあって、とくに桃子さんは小さい頃からクルマが好きになる。残念ながら(?)次女はあまり旧車に興味を持たなかったが、家族でイベントに出かけるのは好きだったそうだ。


>>【画像21枚】スピードスターのマークⅡで、サイズは13インチのホイールなど。大きく張り出したオーバーフェンダーがベースのスプリンターと大きく違う部分だ


>> 1.4LのT型エンジンをベースにボアアップ、DOHC化、ヘッドのアルミ化などを施したスポーツユニットが2T-G型。燃料供給はソレックスのツインキャブ。名機として語り継がれている。


>> ブラック基調の内装に円形メーターが並ぶレーシーなコクピット。追加メーターなど多少のモディファイをしている。


>> ベースとなるスプリンターのホットモデルとして追加されたのが、1972年にデビューした初代スプリンタートレノ1600。


【3】に続く