父が愛娘と歩むセリカ一色のカーライフ|ハチマル家族 旧車をこよなく愛する親。そんな親から愛情と嗜好を受け継いで育った子ども。
当たり前のように身近にクルマがあって、クルマと家族の思い出を積み重ねていく。
ハチマル車に囲まれたクルマ好きにとって、うらやましい幸せな家族のカタチがある。

1989年式 トヨタ スープラ 3000GT ターボ リミテッド
1983年式 トヨタ セリカXX 2000GT
1999年式 トヨタ セリカ SS-Ⅱ スーパーストラット
1993年式 トヨタ セリカ SS-Ⅲ
Vol.2

【1】から続く

 こんな父親を見て育ったのが、二人の娘。幼少のころから家族4人で自動車のイベントに出かけたり、クルマで旅行したりしていたそうで、必然的にクルマが身近なものになったようだ。

 長女さんの初めての愛車は、免許取得後に直之さんから与えられたセリカ(ST202)だった。しかも、それは5速MT車。2年間はマニュアル車で練習し、その後好きなクルマに買い替えればいい……というのが、父の方針だったようだ。そして2年の月日がたち、買い替えの時がきた。この時に彼女が選んだクルマは、世代こそ違うものの、今まで乗っていたのと同じセリカ(ZZT231)だったのだ。ここまで父親の影響を受けるものかと思うが、再びセリカを選んだのには大きな理由があった。「私が小さいころ、母がこのセリカに乗っていたんです。懐かしくてすぐに決めました」と長女さんは話す。ただ、根はやっぱり年頃の女子。インテリアにはミニーマウスのシートカバーやクッションが敷かれ、ファンシーな雰囲気満点だ。


>>【画像21枚】スープラとセリカXX、父の2台とともに写真に収まるZZT231とST202のセリカなど


>> 愛車の1999年式セリカSS-Ⅱスーパーストラットは約3年前に購入。父と販売店に行き、試乗して決めたそうだ。


>> 手入れされた室内から、長女さんのセリカに対する愛情の深さが伝わってくる。センタークラスターにはカロッツェリアのポータブルナビが設置されている。


>> フロントシートにミニーマウスのシートカバーとクッションを置き、リアシートにはディズニーのブランケットを敷くなど、女子らしい雰囲気満点。


OWNERS VOICE

「母がいつも保育園の送り迎えをしてくれていたんです」と、セリカとの思い出を語る長女さん。さらに、クルマだけではなく音楽も当時の曲にハマってしまったそうだ。ただし、セリカオーナーとなったことに関しては「父にハメられました……」と少々おかんむりのようす(!?)。しかし、「次のクルマはまったく考えていないので、しばらくこのセリカに乗るつもりです」と締めてくれた。


【3】に続く