父が愛娘と歩むセリカ一色のカーライフ|ハチマル家族 旧車をこよなく愛する親。そんな親から愛情と嗜好を受け継いで育った子ども。
当たり前のように身近にクルマがあって、クルマと家族の思い出を積み重ねていく。
ハチマル車に囲まれたクルマ好きにとって、うらやましい幸せな家族のカタチがある。

1989年式 トヨタ スープラ 3000GT ターボ リミテッド
1983年式 トヨタ セリカXX 2000GT
1999年式 トヨタ セリカ SS-Ⅱ スーパーストラット
1993年式 トヨタ セリカ SS-Ⅲ
Vol.4

【3】から続く

 彼女たちの年齢であれば、軽自動車やコンパクトカーなどの可愛らしいクルマを選ぶのが一般的だろう。しかし、クーペスタイルを好んでセリカに乗り続ける2人は、父の血を脈々と受け継いでいるなと、改めて感じさせられた。


>>【画像21枚】取材時の4年半前に外装をレストアを施した父のファーストカーであり、自身2台目の70スープラ。1989年式スープラ3000GTターボリミテッドなど


>> エクステリア同様、インテリアもほぼオリジナルの状態。

>> 1G-G型搭載の2000GTは、デビュー約1年後に追加。この個体はプラグコードのみ永井電子機器製に交換済み。


OWNERS VOICE
「ネットオークションで見つけたものの出品が北海道だったので、ビデオカタログを作ってもらって決めました」と、セリカXX購入時のエピソードを話してくれた父。
 そんなクルマに夢中な夫を陰で支える奥さま。普段はノアに乗るが、取材当日はセリカXXで登場。こうした理解ある奥さまがいるからこそ、父も好きなクルマと楽しいカーライフを送ることができるのだろう。



【1】【2】【3】から続く