【1972年式 日産 フェアレディ Z432-R Vol.2】

【1】から続く

 PGC10スカイラインGT‐R専用エンジンだった名機S20型が、急きょフェアレディZにも積まれることに。同時に名称も「フェアレディZ432」という、特別感のあるものが授けられた。

 そして、さらに日産はもう1つ手を打った。それがZ432のレーシングバージョン「Z432‐R」の販売だ。

 市販を前提としない、完全なレース専用車として造られたために、ボディは徹底的な軽量化が図られた。市販のZ432よりも0.2mm薄い0.6mmの鋼板を使用し、フロントウインドー以外の窓はすべてアクリル化。ボンネットはFRP製となり、ラジオやヒーターはもちろん、車内に空気を取り込むダクトもなく、バンパーコーナーに付くゴムのモール、給油口の鍵も取り除かれるほどだった。そして、専用のバケットシート、オイルクーラー、100Lのガソリンタンク、空力を高めるアンダーパネルの装着と、それぞれのスペックはまさにレーシングカーそのものであった。

 ところが、時代はZ432‐Rにとって逆風となる。海外輸出専用モデルだったL24型エンジンを搭載する240Zが、国内市場の熱烈なリクエストに応える形で、1971年10月から日本でも発売されることになったのだ。最上級グレードの240ZGには、エアロダイナ・ノーズと呼ばれるスポイラー(Gノーズ)とオーバーフェンダーが付き、明らかな差別化を敢行。また、レースの世界でもピーキーなS20型搭載のZ432‐Rよりも、トルクフルなL24型の240Zのほうが扱いやすいとの声が大きく、サーキットでもZ432‐Rの影は次第に薄くなった。

 迎えた1972年、日産は在庫整理の一環として、少数のZ432‐Rを放出することとなった。

>>【画像50枚】Z432-Rの特徴である、レース用の4点式ハーネスをしていても操作できるよう、シフトレバー手前に設置されるイグニッションなど


>> S20型エンジン搭載車の流儀に従い、タコメーターのレッドゾーンは7500rpmからで、目盛りは10000rpmまで刻まれる。

>> ダッシュボード上部の3連メーターの左側にあるはずの時計やその下に装備される送風口も埋められ、ヒューズカバーとなる灰皿も省略されるほど、軽量化に徹している。


1972年式 日産 フェアレディ Z432-R(PS30-SB) SPECIFICATION 諸元
全長 4115mm
全幅 1630mm
全高 1290mm
ホイールベース 2305mm
トレッド前/後 1355 / 1345mm
最低地上高 165mm
室内長 835mm
室内幅 1390mm
室内高 1070mm
車両重量 960kg
乗車定員 2名
0→400m加速 15.8秒以下
最高速度 210km / h以上
登坂能力tanθ 0.462
最小回転半径 4.8m
エンジン型式 S20型
エンジン種類 水冷直列6気筒DOHC
総排気量 1989cc
ボア×ストローク 82.0×62.8mm
圧縮比 9.5:1
最高出力 160ps / 7000rpm
最大トルク 18.0kg-m / 5600rpm
変速比 1速 2.957 / 2速 1.858 / 3速 1.311 / 4速 1.000 / 5速 0.852 / 後退 2.922
最終減速比 4.444
燃料タンク容量 100L
ステアリング形式ラックアンドピニオン(ギア比16.4)
サスペンション前/後ともストラット・コイル
ブレーキ前/後ディスク / リーディングトレーリング
タイヤ前後とも 6.95-14-4PR
発売当時価格 150万円



【3】に続く