【1971年式 日産 フェアレディ 240ZG Vol.2】

【1】から続く

 このままではいけないと、オーナーは自分のコブラが売れたら譲り受けるという条件で、話を進めていった。そして、クルマが売れて、このフェアレディ240Zがやってきたのだった。湿気を嫌うクルマということで、ガレージを建てて、大切なクルマを迎えた。

 前オーナーがしっかりとレストアをしていたおかげで、ほとんど手を入れるところはなかったという。しかし、エンジンの調子は悪く、主人を失ったクルマ特有の不具合が出ていた。

 といっても、メンテナンスしたことは、アーシングをし、きれいに磨き上げる程度。あとは、積極的に乗ることを心がけたという。「クルマは乗ってやることが大事」とエンジンを回し続けた。
 そんなクルマとの付き合いを1年間続け、ようやくエンジン本来のパワーを感じられるように。もともとサーキット走行をしていただけに、スポーツドライビングが大好きなオーナー。フェアレディZのエンジンをしっかりと回す走りに、古くからのコブラ仲間からは「クルマを壊すのではないか?」と心配の声が上がったほどだ。

>>【画像21枚】レース経験を積んできたオーナーにとって、クルマのシートベルトに対するこだわりは強い。サーキットレースで使用されるRJS Racing Equipment社製5点式シートベルトを装着している。サイドに純正の証である日産のマークが刻印されているヘッドレストなど


>> 車両購入のきっかけとなったのが純正エンジンであったこと。特にSUツインキャブ、エアクリーナーボックスがノーマルであったことは珍しい


>> 型式HS30の文字が見える。頭についているHはL24型エンジン搭載車であることを示す。


>> レストア時にビスの1本まで新品に交換されたという下回り。よく走っているクルマながら、非常に美しい状態を保っているのには驚かされる。


>> L24型の火は落ちることなく回り続ける。


1971年式 日産 フェアレディ 240ZG(HS30)
SPECIFICATION 諸元
全長 4305mm
全幅 1690mm
全高 1285mm
ホイールベース 2305mm
トレッド前/後 1355mm / 1345mm
最低地上高 160mm
室内長 835mm
室内幅 1390mm
室内高 1070mm
車両重量 1010kg
乗車定員 2名
最高速度 210km / h
登坂能力tanθ 0.467
最小回転半径 4.8m
エンジン型式 L24型
エンジン種類 水冷直列6気筒SOHC
総排気量 2393cc
ボア×ストローク 83×73.7mm
圧縮比 8.8:1
最高出力 150ps / 5600rpm
最大トルク 21kg-m / 4800rpm
変速比 1速 2.906 / 2速 1.902 / 3速 1.308 / 4速 1.000 / 5速 0.864 / 後退 3.382
最終減速比 3.900
燃料タンク容量 60L
ステアリング形式 ラックアンドピニオン
サスペンション 前後ともストラット式独立懸架
ブレーキ 前/後ディスク / リーディングトレーリング
タイヤ 前後とも175HR-14
発売当時価格 150万円


【3】に続く