北米マーケットをにらんだ、スーパーグランドスポーツ

【 1983年式 トヨタ セリカXX 2000GT ツインカム24 Vol.1】

 1981年にデビューし、その後のハイソカーブームをけん引した初代ソアラ。そのソアラとシャシーを共有し、同年7月に登場したのが2代目セリカXXだ。もともとセリカXXは、セリカの上級に位置付けられるスペシャリティーカーとして1978年に登場。しかし、初代ソアラがそのコンセプトを引き継いだため、2代目ではターゲットを若年層に定めてスポーティーカー路線に方向転換。合わせて、重要視されていた北米市場のニーズにマッチしたクルマ作りがなされた。

 ロングノーズ&ショートデッキのファストバックボディには、当時の若者が憧れたリトラクタブルヘッドライト(トヨタはライズアップライトと命名)を採用。ライバルとなるS130や、同じリトラクタブル車のSA22Cが丸形ヘッドライトだったのに対し、セリカXXは角形ヘッドライトを採用して、より先進性やスポーティー感をアピールしたのだ。さらに、リトラクタブルヘッドライトは空力特性にも大きく影響しており、Cd値0.35を達成。200km/hオーバーのトップスピードを実現しつつ、風切り音の低減に成功している。

>>【画像19枚】1G-GEU型を搭載した2000GT登場時のカタログのイメージカラーのスーパーレッドなど。後期はテールランプの意匠が変更され、リアゲートがボディ同色になる


>> トヨタではライズアップライトと呼んでいた。


>> ドアノブは横から操作する個性的なデザイン。ただし、後期では下から操作するオーソドックスな形状に変更された。そしてBピラーにもXXのエンブレムが貼られている。


>> リアフェンダーにあるアウトレットは、弟分のセリカと同じデザイン。ちなみに輸出仕様の場合、ここにサイドマーカーが装着される。


【2】に続く

1983年式 トヨタ セリカXX 2000GT ツインカム24(GA61) SPECIFICATION 諸元
全長×全幅×全高(mm) 4660×1685×1315
ホイールベース(mm)  2615
トレッド前/後(mm) 1425 / 1385
車両重量(kg)  1210
エンジン型式  1G-GEU型
エンジン種類 直列6気筒DOHC
総排気量(cc) 1988
ボア×ストローク(mm) 75.0×75.0
圧縮比 9.1:1
最高出力(ps / rpm) 160 / 6400
最大トルク(kg-m / rpm) 18.5 / 5200
変速比 1速 3.566 / 2速 2.056 / 3速 1.384 / 4速 1.000 / 5速 0.850 / 後退 4.091
最終減速比 4.300
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション前/後 ストラット / セミトレーリングアーム
ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 195 / 70R14(前後とも)
発売当時価格 214.2万円