2022年11月9日、RJC(特定非営利活動法人 自動車研究者ジャーナリスト会議)は栃木県のモビリティリゾートもてぎにおいて、2023年次RJCカーオブザイヤーの最終選考会を行い、各部門の受賞車を決定した。

国産車部門は日産 サクラおよび三菱 eKクロスEVが選出。テクノロジー部門は日産自動車/三菱自動車工業の「軽EV電動化」選ばれ、サクラおよびeKクロスがダブル受賞する形となった。

また、輸入車部門ではBMWの2シリーズアクティブツアラーが選出されている。



>> 【画像16枚】第32回(2023年次)RJCカーオブザイヤー受賞車両など

■RJCカーオブザイヤー 国産車部門

日産 サクラ/三菱 ekクロスEV (授賞理由)日本の交通事情にマッチした軽自動車規格のボディサイズに、日常使用で十分以上の走行距離、滑らかな加速やきびきびとしたハンドリング、上質な内外装、最新の安全装備を備え、実用EVとして高い完成度を誇る。同時に幅広いユーザーに手の届く車両価格も実現し、EVの普及促進に弾みをつけるモデルとして評価した。



受賞車を含む6ベストカー及び得点は以下の通り。

175点:日産 サクラ/三菱 eKクロス EV
140点:スズキ アルト
108点:マツダ CX-60
100点:SUBARU WRX S4
77点:日産 アリア
72点:日産 エクストレイル



■RJCインポートカーオブザイヤー 輸入車部門
BMW 2シリーズ アクティブツアラー (授賞理由)FFならではの広い居住空間を持ちながら、BMWらしい高い走行性能も実現。BMWカーブドディスプレイを採用するなどインテリアデザインも先進性と上質感が追求されており、プレミアムMPVにふさわしい魅力と高い実用性を両立していることを評価した。

受賞車を含む6ベストカー及び得点は以下の通り。
161点:BMW 2シリーズアクティブツアラー
120点:ボルボ C40 リチャージ
106点:ルノー アルカナ E-TECH HYBRID
101点:FIAT 500e
75点:プジョー 308
70点:シトロエン C4



■RJCテクノロジーオブザイヤー
日産自動車/三菱自動車工業 軽EV電動化
(授賞理由)日産/三菱が培ってきた電動化技術を活用しながら、さらに小型化、低コスト化を実現。軽自動車としての制約をクリアしながら商品力の高い軽EV「日産サクラ/三菱EkクロスEV」として完成させた。今後の小型EVの礎となる技術として高く評価した。

6ベストテクノロジー、及び得点は以下の通り。
151点:軽EVの電動化技術(日産 サクラ/三菱 eKクロス EV)
126点:E-TECH HYBRID(ルノー アルカナ/ルーテシア/キャプチャー)
116点:縦置きパワーユニットに対応したSKYACTIV マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー(マツダ CX-60)
116点:スバル・パフォーマンス・トランスミッション(SUBARU WRX S4)
113点:第2 世代 e-POWER × VCターボ × e-4ORCE(日産 エクストレイル)
71点:ビークル・ダイナミクス・マネージャー(VW ゴルフGTI/ゴルフR)