地震や豪雨などの災害も増え、今まで以上に注目されている「非常食」。ローリングストックという言葉も浸透しつつある今、自宅に非常食を備えている人も多いのはないでしょうか。この連載では、「せっかくならおいしい&楽しい非常食を!」をコンセプトに、筆者が気になった非常食の実食レポートをお届け。今回購入したのは「こてんぐ おでん缶」!冬にぴったりの非常食を試してみましたよ。


https://no-vice.jp/article/103079/


冬の定番・おでんが非常食に!





おでん缶といえば、自動販売機などで売られているのをよく見かけますが、今回は店舗で購入できる長期保存のおでん缶「こてんぐ おでん缶」を購入してみました。白地にネイビーのシンプルなデザイン。





天狗のイラストが可愛いですね〜。





賞味期限は購入日から約5年。練り製品とだしの改良によってこの保存期間が可能になったそうですよ。



おでんはたっぷり7種類





開け口はイージーオープン蓋。缶切りがすぐに準備できない災害時にも助かりますね。





蓋をカパッと開けると、中にはなみなみと入ったおでんの具材とスープが。





中身は全部で7種類。上段左から大根・さつまあげ・ちくわ、中段左からこんにゃく・しらたき・うずらの玉子・牛すじが入っていました。





大根は厚みがありますね〜。





さつま揚げはおいしそうな色!





ちくわはしっかり味が染みています。





こんにゃくは串刺し! これを一番初めに食べれば、この串を使って他のものを食べることもできるかも。





しらたきもちゃんと入っています。





うずらの玉子は大サービスの2個入り!





牛すじも2個入りでした。





小さな缶にこれだけの種類の具材が入っていました。





ひとまず、そのまま食べてみます。牛すじはちょっと固めでしたが、どの具材にも薄味のだしがしっかり染みていておいしい!



日常的に食べるなら温めて





日常的に食べるおでんはやっぱり熱々で食べたい! というわけで、温めて食べてみます。おでん缶を温める時は、蓋を開けて湯煎で。電子レンジで温めるとうずらの玉子が爆発する危険があるため、控えてくださいね。



熱々のおでんと熱燗は最高の組み合わせ! 常備しておけば、おつまみがない時に慌てることもありません。非常食としても、おつまみとしても大活躍の「こてんぐ おでん缶」。ストックしておく価値アリかと!



おでん缶 牛すじ長期保存 7号缶
参考価格:378円(税抜)
内容量:280g
消費期限:筆者購入時は約5年
https://www.tgc-tengu.co.jp/products-detail.html?cat=おでん




https://no-vice.jp/article/97340/

著者:Mayumi.W