バイクでもなく自転車でもない、新ジャンルのペダル付きコミューター「e-BIKE(イーバイク)」。ロードバイクやMTB、クロスバイクなどのスポーツサイクルに、パワフルな電動アシストモーターを搭載したスポーティなモデルが今注目されており、2022年3月に開催された<東京モーターサイクルショー2022>では、電動バイクとともにe-bikeも各種展示されていました。この記事では、そんな最新のe-bike4種類を紹介します!

そもそもe-BIKEとは?



e-BIKEは走りを重視したパワフルな補助モーターやスポーティーな足周りを導入


新ジャンルのシティコミューターであるe-BIKE(イーバイク)は、ヨーロッパを中心に人気が上昇。国内でも都市部の若者を中心に需要が高まっています。



e-BIKEのポイントは、電動アシスト付き自転車扱いとなるため、運転免許証が不要なところ。また年齢制限もなく、16歳未満でも乗車可能です。そうしたハードルの低さから、実用自転車(通称ママチャリ)に補助モーターを装着した「電動アシスト付き自転車」と似たり寄ったりなのだと思われがちですが・・・。



e-BIKEがモーターを装着している最大の目的は、「ハイパワー」「高トルク」「クイックレスポンス(俊敏な反応)」を獲得すること。



スポーツ性能を重視したe-BIKEと実用性を重視した電動アシスト付き自転車は、開発コンセプトが根本的に異なり、走行性能も大きく異なるのが特徴です。



「バイクでもなく自転車でもない、新ジャンルのスポーツコミューター」と呼ばれる大きな理由は、ココにあります。



【ヤマハ】CROSSCORE RC(クロスコア アールシー)…31万7,900円(税込)



前後タイヤサイズは27.5インチ


日常的なコミューティングからスポーツライドまでを快適にこなす、電動アシスト付きのクロスバイク。



サスペンション付きのフロントフォークを採用


インチューブバッテリーを採用したヤマハの次世代デザインフレームや、さまざまな状況下で上質なアシストを提供するPWseries ST ドライブユニット、街中の走行も快適なサスペンション付きのフロントフォーク、軽い力で確かな制動力を発揮する油圧式の前後ディスクブレーキなど、スポーティかつ高性能な機能を装備しています。



ペダルの変速方式は外装9速(前1速×後9速)


電動アシスト機能には、パワフルな定格出力240WのブラシレスDCモーターを採用。一充電の走行距離は、ハイモード:85km、スタンダードモード:101km、エコモード:137km、プラスエコモード:200km、オートマチックアシストモード:96kmを発揮。約3.5時間でフル充電OK。



フレームは軽量かつ剛性の高いアルミ製とされ、車両重量は23.7〜23.9kg。変速方式は外装9速(前1速×後9速)。前後タイヤサイズは27.5インチに設定されています。



バッテリーはメインフレームのインチューブ内に装備


ハンドルは一文字型のフラットタイプを採用



【ヤマハ】WABASH RT(ワバッシュ アールティー)…43万8,900円(税込)



前後タイヤサイズは大径の700×45Cをチョイス


オンロードの快適性とオフロードの走破性を両立する、マルチな電動アシスト付きグラベルバイク。



インチューブバッテリーを採用したヤマハの次世代デザインフレームを採用


インチューブバッテリーを採用したヤマハの次世代デザインフレームをはじめ、さまざまな状況下で上質なアシストを提供するPWseries ST ドライブユニットやグラベル専用のSHIMANO製GRXコンポーネント変速機、レバー操作でシート高の調整可能なドロッパーシートポスト(サスペンション付き)など、独自の機能が装備されています。



サドルはスポーティーな肉薄型のスリムタイプをチョイス


フレームは軽量かつ剛性の高いアルミを採用し、車両重量は21.1〜21.3kg。変速方式は11速(前1速×後11速)。前後タイヤサイズは700×45Cです。



電動アシスト機能には、パワフルな定格出力240WのブラシレスDCモーターを採用。一充電の走行距離は、ハイモード:85km、スタンダードモード:101km、エコモード:137km、プラスエコモード:200km、オートマチックアシストモード:96kmを発揮。約3.5時間でフル充電OK!



ハンドルはレーシーなドロップ型を採用


前後ブレーキは雨天時の制動力にも優れたディスク型を導入


ペダルの変速方式はスポーツモード全開の11速(前1速×後11速)



【ファンティック】XXF2.0 FACTORY…144万6,500円(税込)



ファンティック製e-Bikeのフラッグシップモデル「XXF2.0 FACTORY」


ファンティックのe-Bikeは、イタリアのバイクメーカー「ファンティック・モーター社」が製造・販売する、まったく新しいタイプの電動アシスト付きコミューター。



ファンティック製e-Bikeの最高峰とも呼ぶべき写真のXXF2.0 FACTORYは、既存のMTBデザインの発想にとらわれず、ファンティックが誇るオフロードバイクへの深い造詣から、前後サイズの異なる異径タイヤを採用(フロントは29インチ、リアは27.5インチのファットタイヤを選択)。



タイヤはフロントは29インチ、リアは27.5インチの異径ファットタイヤを採用


トラクションを重視したリンク式リアサスペンション、バッテリーを内蔵した最新のディメンジョンを誇るスタイリッシュなフレームなど、プロのMTBライダーをもうならせるハイグレードなコンポーネントと最高級の素材を備え、すべてのライダーに「走る楽しさ」を提供しています。



電動アシスト機能には、パワフルな定格出力250WのブラシレスDCモーターを採用。フレームは軽量で強度の高いアルミ製です。


【ファンティック】ISSIMO 45…価格未定



メインフレームはユニークな形状のトラス型を導入


バッテリーはシート下のフレーム部にレイアウト


ISSIMOシリーズのNEWモデル、ISSIMO 45。トラスフレームやワイドタイヤを採用したユニークなスタイルが特徴です。



角型ヘッドライトとバーハンドルを組み合わせた躍動的なフロント周り


ペダル付きながらバイクと同様のスロットルグリップ(アクセル)を装備し、アシスト力のリミッターを解除。e-Bikeを電動スクーターとして仕上げられた画期的な1台とされています。



前後タイヤはワイド&肉厚のファットタイヤを採用


日本では原付登録車(50ccと同カテゴリー)として乗車可能(保安部品の装着が必要)。2022年5月から本格的に量産開始予定とのこと。



街乗りに適した肉厚のサドルシート

[Photos by 北 秀昭]




https://no-vice.jp/article/69879/

著者:北 秀昭