韓国グルメのなかでも圧倒的人気を誇る「韓国ラーメン」!韓ドラでもかなりの頻度で登場し、キャストが鍋を持ちながら麺をすするシーンはまさに飯テロ・・・。真夜中に見てしまい、罪悪感を感じながらも食べてしまったという経験がある人も多いはず。noviceでは、そんな悪魔的とも言える魅力を放つ韓国ラーメンの実食レポートを毎週連載にてお届け!今回は、韓国初の即席麺「三養ラーメン」を試してみました。

韓国即席麺の元祖!「三養ラーメン」





「三養ラーメン」は、1963年に韓国初の即席麺として誕生した三養のロングセラー商品。オレンジのパッケージがどことなくレトロな雰囲気を醸し出しています。





パッケージの中に入っていたのは麺と粉末スープ、かやくです。袋は鮮やかでポップ。



「三養ラーメン」の作り方





パッケージはすべて日本語で書かれています。作り方に沿って早速クッキング開始!



お湯を550ml沸かす





鍋に550mlの水を入れ火にかけ、お湯を沸かします。



麺と粉末スープとかやくを入れる





お湯が沸いたら麺を入れ、続いて粉末スープ・かやくも投入〜。



4分間煮込む





全部入れたら4分間煮込みます。時間になったら火からおろし、器に盛りましょう。



ピリ辛スープがちょうどいい!





できあがったラーメンは赤くて、見た目にかなり辛そう・・・!





早速スープを飲んでみると、ピリッとした刺激を舌に感じます。ほどよい辛さで、じっくり味わえるコクのある牛だしスープ。入っていたかやくはニンジン、チンゲンサイ、キャベツ、ネギのようなチャイブです。





麺はツルツル&プルプル! たっぷりスープを絡めても辛くて手が止まるということもなく、どんどん食べ進められます。



トッピングでさらにおいしく





せっかくなのでトッピングでおいしくアレンジ。パッケージの説明によると、キムチ・ニンニク・卵・ネギなどがおすすめだそう。



今回はキムチ・卵・ネギに、ホウレンソウとパッケージの写真に載っていたソーセージをセレクト!





キムチと麺を一緒に食べてみると、スープのピリッとした辛さと酸味のあるキムチの辛さ、種類の異なる辛さが絶妙にマッチ! キムチのシャキシャキ感でまた箸が進む〜。





ピリッとしたコショウっぽい辛さはソーセージにもぴったり!





卵黄を絡めると味に丸みが出ますよ。辛すぎないので、トッピングそれぞれの味も引き立てられています。



ピリ辛で食べやすく、ロングセラーなのも納得のおいしさでした!



「三養ラーメン」はどこで買える?



筆者が購入したのは「亜州太陽市場」吉祥寺店。通販などでも購入できるので、食べてみたい人はぜひチェックしてみてくださいね!



三養(サムヤン)ラーメン 120g
168円 (税込)
https://www.laox-online.jp/SHOP/8801073114845.html




https://no-vice.jp/article/111447/

著者:Mayumi.W