昨年12月31日に離婚を発表したFUJIWARAのフジモンこと藤本敏史と木下優樹菜元夫妻に関して、テレビでは注目のトピックが生じている。

 夫であったフジモンの左手薬指にはめられた結婚指輪が、年明けのテレビにも映し出されているのだ。1月8日放送の『東大王』『水曜日のダウンタウン』(ともにTBS系)ではしっかりと指輪が映し出されていた。ネット上では「番組内容よりこっちの方が目に行ってしまう」「これが最後の結婚指輪映像かね」といったツッコミが生じた。

 年末年始特番は生放送の場合を除いて、12月中に収録される。レギュラー放送はそれ以前の11月あたりに収録されたものもあると見られる。そのため、しばらくはほかの番組でもフジモンの結婚指輪を見る機会はありそうだ。少なくとも昨年の晩秋くらいまではフジモンは結婚指輪をしていたことになりそうだ。

 一方で、嫁であった木下優樹菜の結婚指輪は、実は昨年の夏以降から付けられていなかったようだ。木下はインスタグラムに自撮り画像を多く投稿している。姉が勤務するタピオカ店への恫喝騒動の謝罪を10月9日に行って以降、更新がなかったが、12月31日に離婚を報告している。

 指輪が見られなくなって以降、夫であるフジモンの姿もその後ろに映り込んでいるが、ゲイの男性とのベッドイン写真などがアップロードされており、今からしてみればこれは「匂わせ」とも取れるかもしれない。さらに、「#フジモン家の夏休み2019」というハッシュタグ付きで、プールで家族で遊ぶ写真もあり、今からしてみればあえてのアピールにも見える。

 今回の電撃離婚に関しては、17歳年上の夫であるフジモンの木下に対するパワハラ、モラハラなどが取り沙汰されている。だが、結婚指輪が昨年夏から外されていたとなれば、嫁であった木下側の問題もあったと言えるかもしれない。

記事内の引用について
木下優樹菜のインスタグラムより https://www.instagram.com/yuuukiiinaaa/