AKB48などの運営会社AKSが、AKB48(東京)、NGT48(新潟)、HKT48(福岡)のマネジメント事業から撤退し、それぞれが新会社によって運営されることが20日、AKSの公式サイトで発表された。

 サイトによると、「経営・運営体制の強化、効率化を目的に直営の48グループを独立化させ、新会社にて運営することを決定いたしました」と発表。
 AKSは社名を「Vernalossom(ヴァーナロッサム)」に変更し、48グループに関するマネジメント業務は行わず、新規事業を行う予定。

 新しい運営会社については、NGTとHKTが3月、AKBが4月に設立される見通し。SKE48、NMB48、STU48は既に別会社が運営しており、今回の発表によって、AKSは国内6グループのマネジメントから撤退することになるのだが…。
 「マネジメント会社は変わろうとも、社長に就任するのはAKSの社員たち。結局、48グループの“頂点”に君臨する総合プロデューサーの秋元康氏が利権を独り占めする体制に変化はない。それよりも、この時期の突然の発表はいたずらにファンの不安を煽るだけ」(音楽業界関係者)

 AKSで思い出されるのが、昨年1月、NGTの元メンバーで女優の山口真帆が一昨年12月に自宅でファンから暴行を受ける被害を告白。その後、その件への対応があまりにも不十分で、いまだに騒動が終息せず。

 AKSは加害者の男性2人に損害賠償を求め民事訴訟を起こしているが、いまだに係争中なのだ。
 案の定、今回の“身売り”発表について、ネット上では「NGTを見捨てて、社名を変えて、人の記憶が風化するのを待つんだろうね」、「NGTの問題から逃げたいがために、マネジメントから撤退するって事だよね?」などの声が飛び交っている。

 NGTの“身売り”の前に裁判の行方が注目される。