事態が拡大している東出昌大の不倫騒動。彼を起用しているCMスポンサーも対応に追われ、打ち切りに入っている会社もあるという。そんな中、彼が主演を務めるドラマが23日に放送され、注目を集めた。

 「先週16日からスタートした木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)です。同作は桐谷健太とのダブル主演作。桐谷演じる元体育教師という異色の経歴を持つ刑事・仲井戸豪太と、東出演じる東大卒の超エリート検事・真島修平がぶつかりながらも正義を追い求めていく作品。木村拓哉主演『HERO』(フジテレビ系)やNHK連続テレビ小説『まんぷく』などを手がけた名手・福田靖氏によるオリジナルドラマです」(芸能ライター)
  
 この日の2話目では、地下道の階段から男性を突き落とした事件の容疑者が供述を一転させ、大荒れ。物証もない中、仲井戸(桐谷)と真島(東出)がようやく真実にたどりついて起訴に持ち込んだという内容だったのだが……。

 「SNS上では、東出に対して複雑な思いを抱くコメントが殺到。『内容入ってきませーん』『なんかもう東出くんのセリフ、顔、全てが胡散臭い』、さらには『今検事役してるのはある意味裁判の練習かな』『東出くん、杏ちゃんと別居して、演技力上がったんちゃう』といった皮肉も寄せられていました」(同)

 ちなみに本編では、女優の奥貫薫が、裁判官を辞職して飲食店を切り盛りする女主人・宮沢かほりを演じている。真島(東出)は同僚で仲井戸(桐谷)の妹でもあるみなみ(比嘉愛未)と共にその店に寄った際、かほりから店を営んでいることについて、「人生一度きり。いろんな事やらなきゃ損じゃない?」と言われていた。そのセリフを、東出自身はどう聞いていたのだろうか……。