新型コロナウイルスの感染拡大の影響で撮影を休止している、俳優の長谷川博己主演のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、放送回数を減らす方向で調整していることを、一部スポーツ紙が報じた。

 同作は4月1日から撮影を休止し、その後、緊急事態宣言を受けて同7日に収録中止の延長を発表。いっこうに撮影再開のメドが立たない中、6月7日放送分の第21話で撮影済みのストックが切れることになってしまった。 

 そのため、仮に6月に緊急事態宣言が解除されて撮影が再開されたとしても、同14日の放送には間に合わず、放送の中断は避けられない事態となってしまった。

 一時は年を越しての放送となる可能性も浮上。しかし、放送回数の短縮を軸に対応策の協議が進められており、年内終了の可能性が高いようだ。

 「今作は、出演予定だった女優の沢尻エリカの逮捕により放送開始が2週間延期される波乱のスタート。もともと、東京五輪・パラリンピック期間の5話分が放送休止となり、通常よりも短い全44話の予定となっていたが、長谷川演じる明智光秀の生涯を左右する主君・織田信長を討った『本能寺の変』を軸に再編成されることになりそうだ」(放送担当記者)

 もともと、NHKとしては、何としても翌年への放送持ち越しは避けたかったようだ。
 「コロナの影響で、吉沢亮主演の来年の大河『青天を衝け』の撮影スタートが大幅に遅れそう。吉沢や、まだ発表されていない共演者たちはすでに撮影スケジュールを空けているが、このままだと先々の仕事を入れることができない。次作の出演者たちのことを考慮すると、開始が遅れても予定通りに放送・撮影を終わらせてしまいたいところ」(同)

 次回作もバタバタの撮影スタートとなりそうだ。