俳優の竹内涼真と女優の三吉彩花が交際中で半同棲中であることを、先月発売の「フライデー」(講談社)が報じた。
 同誌によると、竹内は4月、おととし交際が発覚していた女優の吉谷彩子と破局。破局前に三吉との二股疑惑が浮上していた上、吉谷を自宅マンションから追い出してしまったというからあまりにも不憫だ。

 「それに加え、竹内が吉谷に100万円ほどの生活費を立て替えさせ、踏み倒そうとしていたのだとか。三吉のマネジャーが間に入り、返済させることで解決したようだ。この情報は、吉谷の事務所に近い人間のリークだろう」(芸能記者)

 ​>>竹内涼真、元カノ女優から借金するほど困っていたワケは? イメージダウン必至か<<​​​

 ところが、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、実際には金銭トラブルがなく、買い物の際の金額を立て替えた程度で、金額はとうてい100万円には及ばなかったのだとか。
 吉谷は竹内が仕事で忙しいと不機嫌になることがあり、竹内が酒を飲んで家に帰って来た際、ベッドカバーをはさみで切ったこともあったというのだ。

 「デビュー以来、さわやかなイメージで売っていた竹内。今回、あまりにもダークな“裏の顔”が発覚してしまったため、事務所としてはなんとしてでも“火消し”したいところ。破局が吉谷の原因と思える情報をリークしてもおかしくないだろう」(芸能プロ関係者) 

 そして、「文春オンライン」(文藝春秋)によると、吉谷は仕事はなんとかこなしているというが、破局のショックで精神状態はかなり不安定になっているのだとか。
 記者は実家で父親を直撃。吉谷から連絡がなく、スポーツ紙で「フライデー」の記事のことを知ったという。

 父親は「仕事をやらせていただく中でハートがどんどん強くなる一方、どこかでもろく崩れてしまうこともあるんじゃないかと心配はしています。また笑顔で帰って来てくれればいいですけどね」と心配していたという。

 竹内には、この記事を読んでほしいものだ。