6月10日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、『週刊文春』(文藝春秋)に複数の女性との不倫が報じられたアンジャッシュの渡部建の話題が取り上げられた。

 この件について、橋本マナミは「衝撃でしたね」と話し、今のようにテレビに出るようになる前の新人時代に渡部と食事をともにしたことがあるという。その時の印象は「そんな手当たり次第に女性を口説くって印象なかったんですよ」とエピソードを披露。「渡部さんって努力の方で、“グルメ王”って地位を築いて、沢山レギュラーや冠番組を持って、そういう印象なかったので慢心もあったのかな」と、気持ちを推し量った。これには、ネット上で「渡部、基本は紳士的なんだな」「調子乗ってたっていうのはありそう」といった声が聞かれた。

 橋本に対し、厳しいトーンで批判したのが遠野なぎこだった。「最低最悪ですね。いい歳して何でこんなみっともないことやってるの。無責任すぎますよ。もう二度と同じポジションに戻れないですからね」と話し、「本当不潔なニュースで胸糞悪い」とバッサリと切り捨てた。遠野は芸能人のスキャンダルに関しては、プロ意識を欠いた人間として、とりわけ厳しい態度を取ることでも知られる。『王様のブランチ』(TBS系)の総合司会を務めるなど、さわやかな印象で売り出されていた渡部が起こしたスキャンダルには、かなり強い怒りを持っているようだった。これには、ネット上で「確かに遠野が一番許せないタイプのスキャンダル」「これが世間の大半の声かも」といった声が聞かれた。

 さらに、元フジテレビの大島由香里アナウンサーも「東出(昌大)さんの時と抱く感情が違う。もやもやとか怒りがなくてちょっと気持ち悪いな」と違和感を吐露。金子恵美元衆議院議員も「女性を雑に扱っている」と指摘した。女性出演者の多くが違和感を示した通り、今回のスキャンダルで、渡部は「女性の敵」となってしまったのかもしれない。