17日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、出演者のカンニング竹山がアンジャッシュ・渡部建の不倫報道について苦言を呈し、話題になっている。

 この日、番組では渡部の不倫問題がいまだ波紋を広げていることを取り上げ、渡部と親交のある飲食店が報道後、渡部の写真などを店から外したことなどを紹介していた。また、その後はスタジオで不倫の余波についてさまざまな議論が交わされていたが、コーナーの最後に竹山は口を開き、「でも、もう1週間くらいやったから……。俺が友だちだっていうのもあるけど、もう渡部家のことやめてくれないかな?」と苦笑いしながら呼びかけ。ほかの出演者から笑い声が上がると、竹山は「もういいんじゃない? 本人も反省してるし。もういいでしょ」と話していた。

 ​>>ブラマヨ吉田、渡部不倫に「トイレ使った以外は何とも思わない」「股間は言うこと聞かない」擁護発言がスベりまくり?<<​​​

 渡部の不倫問題はワイドショーなどでいまだ連日報じられているが、続報などもないため、この日の『グッディ』でも、夫婦関係の修復の仕方を紹介するなど、憶測に基づいた要素が多くなっているのも事実。そのため、この竹山の言葉に「新しい情報もないし、本当にその通り」「そもそも当事者以外関係ない話だし、もう渡部家のことはそっとしておこう」「これ以上報道しても余計な誹謗中傷煽るだけ」といった賛同の声が殺到。一方では、「友だちだから庇うってなに?」「記者会見もないし、反省してるのかどうか伝わってこない」「これ以上やる必要がないのは分かるけど、友だちだからってやめてって自分勝手すぎる」という疑問の声も集まってしまった。

 一部では、『週刊文春』(文藝春秋)に情報提供した女性とはまた別の女性たちが別の週刊誌へネタを売り込み、さらなる続報もあるのではとの噂も広がっているが、現状新たな情報もない以上、同じネタを特集し続けるワイドショーに視聴者も飽き始めてしまったのかもしれない。