爆笑問題の太田光が8日深夜、『太田伯山(お願い!ランキング)』(テレビ朝日系)に出演し、ビートたけしの意外な面を明かした。

 アンガールズをゲストに迎えた今回は、アンガールズの「芸人としてどうやって緊張と向き合っているか」という悩みをテーマにトークが進行。舞台に立つ前に緊張するというアンガールズに対し、太田は「自分はネタが始まる前は必ずジャンプをする。ジャンプをすると緊張が下に落ちてくる」「本番前、1回ネタを誰かに見せるといい。(自分たちは作家に見せるが)身内に見せると照れる。だけど、1回照れるのを克服しておくと全然気持ちが違う」「練習量が足りないのが一番ダメ」と自身の経験を踏まえたアドバイスを送り、アンガールズの2人を感心させていた。

 ​>>爆笑問題、木下優樹菜さん引退で思わぬ影響?「いい加減にしてくれよ」太田、アニオタの過去も明かす<<​​​

 さらに、話が他の芸能人の緊張に及ぶと、太田は「(ビート)たけしさんは必ずゲン担ぎで(本番前、舞台袖で)3回、回ってから出てく」と明かす。たけしは爆笑問題のライブに2回出演し、落語を披露したことがあるそうだが、太田によると、たけしは「本番前に挨拶をした後、楽屋に閉じこもったまま一切出てこなかったけど、後でマネージャーに聞いたら、楽屋の中のトイレに入ったまま一切出て来なかったらしい。誰にも会わないところでガッチガチに緊張していた」という。だが、「そん時のネタは素晴らしかった」と話し、一同、舌を巻いていた。

 そんなたけしの緊張エピソードを聞き、ネット上では「誰もがガチガチになり、乗り越えて一流になる」「このクラスの方でも緊張するんだ」「これまでにないくらいためになる話のオンパレードだった」「試験近いから緊張ほぐす話、よかった」といった声が挙がっていた。

 いつもなら悩みが解決せずに、ゲストからツッコまれることも多いこの番組だが、今回はためになるアドバイスが多かったようで、アンガールズ田中卓志は「緊張するのは自分たちだけじゃないって知れて肩の荷が降りた」と感謝。アンガールズの悩みは解決されたようだった。